02-しつけ

2018年10月15日 (月)

「ハウス」が年に2回くらいになりました

秋の新ドラマが始まりましたね。

先週一週間でほぼすべてのドラマがスタートしましたが、お気に入り入りのものはありましたでしょうか?


僕はいくつかのドラマを今後も見続けようと思ったのですが、その中でも「獣になれない私たち」は今のところ一番のお気に入りです。

あと、「SUITS」はアメリカ版と見比べようと思っています。


いずれにしても、テレビを見るのが楽しい季節が始まりました。




さて、昨日の日曜日は、部屋の中の防火施設の点検がありました。

年2回行われる定期点検です。



検査員が部屋の中に入ってきて、火災報知器などをチェックします。

その間は、ポチはサークルの中に入れています。


昨日も「ハウス」というコマンドで、ポチはサークルの中に入りました。




ポチはいつも部屋の中を自由にさせているので、この「ハウス」というコマンドは、この定期点検のときくらいしか言いません。


ポチが3歳過ぎまでは。留守番や就寝のときはサークルに入れていました。

そのたびに「ハウス」と言っていました。


ポチはその頃は素直にサークルの中に入っていったので、この「ハウス」のコマンドは今でも忘れていないのだと思います。



年に2回だけですが、いいしつけの機会にもなっているように思います。


2018101501
「ハウス」と言うと、すぐにサークルに中に入ったポチ

2018101502
検査の方が部屋の中に入ってきまた

2018101503
ちょっと興奮気味になりながらも、吠えたりはしませんでした

2018101504
検査の方が帰ると、サークルから出しました。ホッとしているような感じでした



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

月一度の「フセ」

今日は仕事で、俳優の竹内涼真さんにお会いする機会がありました。

ドラマで見るのと同じように、背が高くて、とても爽やかな方でした。


日曜日から始まるTBSテレビの「下町ロケット」が楽しみになりました。




さて、毎月服用させているフィラリアの薬。

ポチはこれが大好きです。


今日はそのフィラリアの薬の服用日です。



引き出しに入っている薬を取り出そうとするときからソワソワして、「キュンキュン」という声も出します。

そして、パッケージから出すときは、ずっとオスワリの態勢で待っていました。




そんな大好きな薬なので、これを使って月一度のしつけを行っています。


しつけといっても、「マテ」「オテ」、そして「フセ」だけです。



「マテ」はよく言いますが、「オテ」や「フセ」は使う機会はあまりありません。

なので、このようなコマンドを忘れないように、薬を使って行っています。


しかし、薬を見せるとすぐにオテをしようとするので、あまりしつけにはなっていないかもしれません。




ポチにはオヤツはまったく与えていません。

なので、ポチにフィラリアの薬がオヤツに思えるのでしょうね。


今後もこれを使って、月1回のしつけを行っていきたいと思います。


2018101101
フセの体勢になってフィラリアの薬を食べるポチ

2018101102
「もう終わりなの?」とちょっと不満そうな表情を

2018101103
それでも、今日もとても機嫌が良かったです



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

「犬はリードが付いた散歩が好き」の意味が分かってきました

昨日降った雪ですが、今回はあまり積もることはありませんでした。

しかも、後半は気温が高くなり、雪はみぞれになったようです。



そのため、積もった雪も溶け始めました。


今朝の散歩では、雪が降る前よりも、道に積もっていた以前の雪が少なくなっていました。

ですので、一昨日よりも歩きやすくなっていました。


しかし、まだ日陰では凍結している場所があるので、そこを歩くときは十分に気を付けたいと思います。




さて、今日は「リード」に関する話題です。



以前、しつけ教室のトレーナーから「犬はリードが付いた散歩が好き」と言われたことがあります。


ネットの記事でも、そのように書かれているものを見かけます。



正直言って、以前はその意味がよく分かりませんでした。


犬はドッグランのように、ノーリードで自由に動き回ったほうが楽しいに決まっている。

ずっとそう思ってきました。




しかし、最近になって、トレーナーが言っていたことがわかってきました。


リード一本の短い綱ですが、実は愛犬と飼い主をつなぐ架け橋というか、とても大切なものに思えてきました。


僕はリードの引っ張り具合などを通してポチの体調がわかり、また心理状況も理解できるようになってきました。




そして、ポチのほうも、リードをしていたほうが、安心感があるのではと思うようになってきました。


例えば、先日、凍った雪道で転倒したときに、リードが手からはずれてしまったのですが、その時にポチはその場に止まって「え、どうしたの?」という表情で僕を見つめました。


本来ならば、リードがはずれて「やばい」と僕は焦るのですが、ポチのほうが落ち着いていました。



2、3年前には考えられないことです。



今はリードは愛犬と飼い主の信頼の証という感じがします。




以前はノーリードで歩いている犬を見かけると「危ないなあ」と思っていました。

しかし今は、「犬がかわいそうだ」と思うようになりました。


犬は本当に、リードが付いた散歩が好きなのだと思います。




現在使っているリードは、まもなく1年になります。


そろそろ新しいリードが欲しくなってきました。


2018013101
まだまだ雪が残っているところも。雪の上ではリードを引っ張るポチ。
けど、その行動も承知ずみです

2018013102
このような感じでストライキをすると、
リードがあるから落ち着いていると思うことがあります




柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

「ぶんなぐれ」とは、さすがに…

九州のほうでは豪雨による大きな被害が出ているようです。

これ以上、被害が広がらないことを祈ってます。




さて、うちの地方も、昨日、今日ともに一時的に激しい雨が降ったようです。


しかし、幸いなことに散歩の時間帯は、雨には降られませんでした。



そして、今朝の散歩のときのことです。

いつものように、散歩の最終盤にポチは休憩(スト)をしました。



その横に一頭のダックスが近づいてきました。

そして、ポチに向かって何度も吠えました。


その前からこの犬のことは見ていたのですが、どうやら他の犬にも吠えているようです。




ポチは吠えられても気にしないで、いつも犬に近づいていきます。

もちろん、本能的にその犬が攻撃的がどうかを判断したうえですが。



このダックスは、なかなか吠えるのをやめません。


すると、近くのベンチに座っていた年輩の男性が「吠えるのやめさせろ。ぶんなぐれ。
しつけができていないぞ」と怒り始めたのです。

そして、そのような口調で何度も叫んでいました。


しばらくすると、奥さんらしき人が「やめなさいよ」と言ってなだめていましたが。




僕はこの様子を見て、ダックスに近づいていきました。

そして、首のあたりを撫でながら「大丈夫、大丈夫」と声をかけました。




可哀想なのはダックスの飼い主です。

見知らぬ人からそんなことを言われるなんて。


しかし、その女性の飼い主は僕とポチのことを笑顔で見つめていました。


残念ながらダックスは吠えるのをやめなくて、ポチも近づくのをやめました。




世の中にはいろいろな人がいますが、さすがこれは言い過ぎだと思いました。


しかも「ぶんなぐれ」とは…。




確かに、犬のしつけに体罰を使っている人は多いようです。


僕の知り合いにもいます。

決して年輩だけでなく、20代にもいます。



このしつけの是非に関しては今日は触れないでおきますが、今回はこの光景に胸が締め付けられる思いがしました。

そして、とても残念な気がしました。



今日はしつけの難しさ、大切さについて、改めて考えさせられました。


2017070601
今朝はとてもいい天気になりました

2017070602
風がとても心地良くて、ポチも風を楽しんでいる表情でした

2017070603
いつもの場所で休憩(スト)を。この後、ダックスが近づいてきました



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

「おかわり」を教えようと思います

今日は仕事の関係で、帰宅が22時を過ぎてしまいました。


さすがにポチは、僕の帰りをシッポを振って喜んでくれました。

こんな姿を見ると、愛犬の存在をより愛おしく感じますね。




さて、ブログでもご報告しましたが、先週、ポチの足先に炎症が起きました。


治療には塗り薬を使ったのですが、ポチにはその際に「お手」をさせて薬を塗りました。



ポチには生後3カ月くらいのときに、お手やマテ、フセを教えました。


今回はこのお手が、薬を塗るのに役に立ちました。




しかし、お手をするのは左足だけで、右足は出してくれません。


「おかわり」を教えていなかったからです。



けど、今回のようなケガや病気が、今後、右足に起きることも考えられます。

ですから、おかわりは必要になると思います。


2年ほど前に、おかわりを教えようとしたことがあったのですが、うまくいきませんでした。



確かに、このようなしつけは1歳まででないと入りにくいといいます。

ですから、そのときは、そういうものだと思い諦めてしまいました。




5歳で新しい芸を教えるのは難しいかもしれません。


けど、今度はこれは芸ではなく、必要なものだと考え、再びチャレンジしてみようと思ってます。



見事、おかわりができたときは、ブログでもご報告したいと思います。


2017060101
今日のポチ。「お手」はスムースにできるのですが…



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

2017年の目標 しつけ編

早いもので、2017年も1カ月が過ぎましたね。


年末年始から1月下旬にかけての1カ月は、仕事のほうが忙しくて、ポチとちゃんと遊ぶ時間もありませんでした。


ようやく先週、仕事がひと段落したので、今週はポチと旅行にも行くことができました。



そういえば、今年は年賀状も作っていません。


もうすぐ立春なので、寒中見舞いには遅過ぎますが、いただいた賀状にはなんとか返信したいと思っています。




そして、毎年立てていた年頭の目標も遅くなってしまいました。


でも、やはり意識していないとなかなか実現できないので、今年も目標を立てることにしました。



まずは「しつけ編」です。


犬のしつけは一生続くといわれていますが、うちの場合、徐々におろそかになってきたように思います。

ですので、今年は色々とやるのではなく、1つだけに絞ってみました。



それは「歯磨き」です。


これまでもいくつかの目標の中には入っていましたが、やはりそれだと忘れてしまいます。

ですから、今年はこれ1つをがんばりたいと思います。



幸いなことに口の中に指を入れても嫌がることがなくなってきたので、以前よりは実現できるような感じがします。


これまでコメントで色々な方法を教えていただいたので、それを参考きしながらやっていきたいと思います。

ただ、これまでのしつけと同じように、体を拘束するような方法だけはしないようにしたいと思います。



このブログでも、しつけの経過をご報告していきたいと思います。



2017020100
ちょうど今日、動物病院から「はみがき教室」の案内が届きました。
こういうのに参加してみるのもいいかもしれませんね

2017020101
今朝のポチ。散歩でのしつけもまだ課題はありますが、
今年は「歯磨き」に絞りたいと思います



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

「行ってきます」の挨拶は言わないほうがいい!?

今日は友人の引っ越しの手伝いで新宿、川崎、そして横浜方面に行ってきました。


しかし、土曜日というのは、本当に道が混みますね。

ポチが待っているので、早く家に帰りたかったのですが、家に着いたのは夜の9時ころになってしまいました。


今日はちょっと疲れました…。




さて、先日のブログで、室内飼いの犬の問題行動について触れました。



その問題行動で、僕が一番気にしていたのがら「分離不安」です。


ポチはいつも長時間の留守番をしているので、この心の問題はいつも考えていました。




ポチを家に迎えたときには、飼育本をいくつか読みました。

そのどれにも、留守番をさせるときは、出ていくことに気づかれないようにすることと書いてありました。


なので、いつもポチに「行ってきます」の挨拶はしないで、さりげなく家を出ていました。




しかし、毎朝のことで、しかも時間もほぼ同じなので、ポチは僕が家から出ていくのは知っていると思います。


なので、僕のあとを付けたり、おすわりして僕を見送るような素ぶりは見せません。

ポチはいつもリビングルームに寝そべっているだけです。




このようなポチの態度を見ると、そろそろ「行ってきます」くらいの挨拶をしてもいいように思うのですが…。


でも、声をかけることで、ポチが寂しがるという心配もあります。



ささいなことかもしれませんが、どうしようかちょっと迷っています。


2016121701
僕が出かけるときは、いつもこんな感じでリビングルームに寝そべっています



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

やはり拾い食いは怖いですね

ポチには小さい頃から抜けない悪い癖がいくつかあります。

先日ご報告したベッドに噛みつくというのもそのひとつです。



その癖の中で、もっとも直したいのが「拾い食い」です。



最近は何でも口に入れることはなくなりましたが、やはり美味しそうなものだとすぐに食べてしまいます。


特に草の間に頭を突っ込んで、ゴソゴソとしているときは要注意です。

いい匂いがするのだと思います。


そんなときはリードを引いて「ダメ」と大きな声で注意します。




けど、何度注意しても、この拾い食いは直りませんね。



宿に住んでいるころは、道端にフライドチキンの骨など、ポチが喜びそうなものがよく落ちていました。


それに比べれば、今のところは、そのようなものはほとんど落ちていません。

少しだけ安心しています。




しかし、先日、驚くべき事件が報道されました。


■路上のウインナーソーセージから毒物検出、食べた犬死亡 和歌山市
http://www.sankei.com/west/news/161118/wst1611180059-n1.html



散歩中の飼い犬が路上に落ちていたウインナーソーセージを食べて死亡。ソーセージから劇物のメソミルが検出されたという事件です。

何者かが、劇薬を入れたウインナーを路上に置いたのです。


とても悲しい事件ですが、何か人ごとではないような気がしました。



このようなことはあってはならないのですが、同様の事件は以前から度々起きていると思います。




まずは、拾い食いの癖を直す必要があると、今回、切に思いました。


すぐに直すことができる妙案があればいいのですが…。


2016120101
このように地面を嗅いでいると、何か落ちているのではないかと
さらに注意するようにしてます

2016120101_2
今日のポチ。今朝はなかなか雨が上がらず、結局雨中の散歩になりました。
このオデコが濡れているポチの顔は、結構気に入っています



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

ドア1枚分、ポチとの距離が遠くなりました

昨日の強い雨は昼には上がり、その後ぐんぐんと気温が上がりました。

東京では20度以上になり、コートは必要ありませんでした。


今朝の散歩のときも気温が11度だったので、ここ数日の冷え込みはありませんでした。

なので、今日も1時間半以上、散歩を楽しみました。




しかし、やはり12月に入ってからは朝晩は寒くなりましたね。

夜の寝室の温度も18度を切るようになってきました。



厚い布団の中に入れば寒くはないのですが、寝ているときに布団をはいでしまうこともあります。

ですので、4日ほど前からオイルヒーターで暖房をすることにしました。




しかし、ここで少々問題が。


ポチは夜はサークルの中に入れています。

そして、これまではリビングルーム、寝室のドアはずっと開けていました。


寝ているときも、ポチがそばに居ることを感じていたかったからです。

また、ポチのほうも僕の寝息やイビキが聞こえていたほうが安心できると思います。



でも、暖房を入れると寝室のドアは閉じることになります。

ドア1枚なので、閉じていても、暴れたり声を出したりするなどポチに何か変わったことがあれば聞こえるはずですが、これまでとは違う状況で、ポチの心理面は大丈夫でしょうか?




最初の1、2日は、翌朝リビングルームへ行くと、ポチはサークルの中でオスワリをして待っていました。

いつもは寝転んでいるのに…。

サークルから出すと、尻尾を振って甘えてきました。


おそらく、僕が夜に外出したと思っているのでしょうね。



でも、昨日あたりからは、朝、様子を見に行くと、サークルの中で寝たままでいました。

きっと、この状況にも慣れてきたのだと思います。




寝室のドアを閉めているのであれば、夜もサークルから出してもいいかもしれません。

しかし、サークルに居ることを習慣づけるために、しばらくはこの方法でやっていきたいと思います。


ドア1枚分、ポチとは遠くなりましたが、これまで通りポチが近くにいること感じながら寝ています。



2015121201
昼間でもサークルの中に入って休むことが多いポチ。
この中が結構快適なようです

2015121202
先週から寒さ対策のため、このペット用ブランケットを入れました。
このブランケットは噛み破ることはないようです



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

「アイコンタクトする=賢い犬」って本当?

昨日は本当にいい天気でしたね。


今日は仕事で昼間はポチと遊べないので、昨日は車で近くのドッグランへ連れていきました。

すでに12月てすが、ドッグランはポカポカとしていて、まさに小春日和のような日でした。




さて、先日散歩をしていたら、大きな犬にすれ違いました。

和犬のミックスのようです。



ポチは大きな犬でも気にすることなく近づいていくのですが、犬の態度や雰囲気によって警戒することもあります。


この日も少し近づいていって、少し距離をとってオ止まりました。

そして、僕のほうをチラッと見ました。


「どうしようかな?」と迷っていたり、少し警戒をしているときは、このように僕のほうを見ます。



すると、大型犬の飼い主さんに「賢い犬ですね。アイコンタクトをしている」と言われました。


一瞬「え?」と思いましたが、僕は「はあ、そうですね」と言いました。

とういうのも、アイコンタクトする犬=賢い犬というようには思っていなかったからです。



確かに生後5カ月から通い始めたしつけ教室では、頻繁にアイコンタクトの練習をしました。

名前を呼んでこちらを見たら、オヤツをあげてほめる。

こんな練習を毎回のように行いました。


しかし、アイコンタクトに関しては、しつけ教室を卒業してからは、まったく気にとめていませんでした。




そして、ポチが賢い犬だと思ったことは、正直言って一度もありません。


散歩をしていると、たまに「賢そうな顔をしてますね」と言われることがありますが、そんなときは「いえいえ、おバカ犬なんですよ。僕のいうことを全然聞いてくれないんですよ」と言っていました。

内心では、おバカではないけど、賢くもない。ごく普通の犬だとずっと思っています。


いずれにしても、賢いと言われて悪い気はしませんが、かなり照れてしまうのも確かです。



けど、アイコンタクトと賢さというのは関係あるのでしょうか?

少し不思議に思いました。


2015120601
散歩のときにも、よく僕のほうを見ます

2015120602
何かを訴えたいのでしょうか? 分からないときのほうが多いです



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧