« 連休明けで、ちゃんと留守番ができるかな? | トップページ | お尻も柴犬の魅力のひとつですね »

2019年5月 8日 (水)

すっかり病院嫌いになりました

今日の朝は気温が5.0度まで下がり、この時期とは思えない寒さになりました。

朝の散歩の時間帯は8度くらいまで上がりましたが、それでも冬用の上着を着てちょうどいい感じでした。


大型連休は天候が不順な日が多かったですが、それがまだ続いているようです。

早くいつもの5月らしい気候になってほしいものです。

 

 

さて、代々木公園に行ったことはブログでもご報告しましたが、その帰りに動物病院に寄りました。


ここは新宿にある動物病院で、ポチが3歳過ぎまでいつもお世話になっていたところです。

今の住所に引っ越してからは、年に1回、健康診断とフィラリアの検査を受けています。


今年は、2月の手術の際に、すでにいろいろな検査を受けていたので、今回はフィラリアの検査だけにしました。

 

 

ここの病院は何度も来ていてポチは慣れているはずですが、やはり手術を受けた影響でしょうか。

順番を待っている間、ずっとソワソワしていて、ときどき唸り声もあげました。

 


ポチはすっかり病院嫌いになったようです。

無理もないですよね。大きな手術を受け、さらに20日間も入院したわけですから。


僕は「大丈夫、すぐに済むから。一緒に家に帰れるから」と、体を撫でながら何度もポチに声をかけました。

 

 

診察室では、問診や触診、検温の後に、採血を行いました。

フィラリア検査だけなので、取る血の量も少なくて、採血はあっという間に終わりました。


診察室を出ると、ポチは別の犬のようにおとなしくなっていました。

これで帰れることが分かったのでしょね。


そして、会計が済み、病院を出ようとすると、急ぎ足で外に出ていきました。

 

 

次に動物病院に来るのは、9月の混合ワクチンの注射のときになりそうです。

そのときは、少しは病院嫌いが直っているといいのですが…。


2019050801
動物病院の待合室にて。そわそわして落ち着かない様子のポチ

2019050802
検査後は別の犬のように落ち着いていました

2019050803
検査の結果は陰性でした


柴犬ブログのランキングに参加しています。
よろしければ下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 連休明けで、ちゃんと留守番ができるかな? | トップページ | お尻も柴犬の魅力のひとつですね »

08-病院・保険」カテゴリの記事

コメント

ポチくん 可哀想にトラウマになってるのですね。
でも、診察が終わるといつもの可愛い笑顔。
良かった。
ワンちゃんは定期的に色々な注射等あるので病院へ行かないといけないのでストレスを感じてるでしょうね。
本当にポチくんの笑顔には元気が出ます‼️

投稿: 茶茶ママ。 | 2019年5月 9日 (木) 07時03分

ポチくん、入院や手術に耐えたのだものね。
それは辛かったでしょうし、病院嫌いになるのもやむ無しですね。
ひげぼうずさんと一緒でなければ、とても受診なんて出来なさそう。

投稿: 菜の花 | 2019年5月 9日 (木) 07時08分

ひげぼうずさんポチ君おはようございます!
フィラリアの検査が無事に終わって良かったですね。
人だって採血嫌なのに良く頑張りました。
ひげぼうずさんもお疲れ様でした。ポチ君が本当にホッと
した表情でもう帰るよ~と言っているみたいですね。

投稿: ポンママ | 2019年5月 9日 (木) 09時10分

茶茶ママ。さん、こんにちは。

そうですね。まさにトラウマですね。

ここは1年ぶりの病院だったのですが、やはりポチにとっては嫌な感じがするのでしょうね。

少しずつ慣れていくといいのですが。

投稿: ひげぼうず | 2019年5月 9日 (木) 16時00分

菜の花さん、こんにちは。

大きな手術だったので、入院中はつらいことも多かったと思います。

ですから、病院嫌いになるのは仕方がないですね。

今後、少しずつでも克服できればと思います。

投稿: ひげぼうず | 2019年5月 9日 (木) 16時02分

ポンママさん、こんにちは。

そうですね。採血が終わって診察室を出ると、本当にホッとした表情でした。

少しずつでもいいから、今後、この病院嫌いを克服できるといいですね。

投稿: ひげぼうず | 2019年5月 9日 (木) 16時04分

ひげぼうずさん、ポチくん、こんにちは。

もうフィラリア予防のシーズンになったのですね。
お散歩がないと外に出ない日も多く、季節感がマヒしていました。

ポチくん、大変な闘病でしたものね。病院が苦手になるのも無理ないですね。
「処置が終わったら一緒に帰れる」という体験を何度か積み重ねれば
きっと克服してくれると思います。ポチくん賢いですもの。

投稿: うずらのたまご | 2019年5月 9日 (木) 16時34分

うずらのたまごさん、こんばんは。

どうもありがとうございます。

そうですね。最近は徐々に暑い日も増えてきたので、そろそろフィラリア対策の時期になってきました。


病院嫌いは、今後ちょっとずつ克服できればと思います。

投稿: ひげぼうず | 2019年5月10日 (金) 00時12分

初めまして!
私も柴犬を飼っています。

先代の柴犬が大病で大手術をし、2週間の入院ですっかり病院嫌いになり、
獣医さんを見たら飛び上がって私の背後に隠れるようになって困った経験があります。
その後も頻繁に通院治療が必要だったので、「お菓子作戦」で病院嫌いを克服させました。

「お菓子作戦」とはその名の通り、診察時に主治医の先生と看護師さんに持参したお菓子を与えてもらうという作戦です。
数回続けると、すっかり先生や看護師さんと仲良くなってくれました。
診察待ちの時は毎回、自分の順番はまだかまだかと良い意味でそわそわしていました。
自ら進んで診察室に飛び込んでくるフレンドリーな犬はあまりいないため、すっかり看護師さんのアイドルと化していました。

もし動物病院の先生方に協力してもらえる環境でしたら、「お菓子作戦」はお勧めです。

今飼っている柴犬は、子犬の時から毎回持参したお菓子を獣医さん、看護師さん、受付の方からあげて貰っていて、病院大好きです。
おかげで毎回注射(予防接種)や診察もスムーズで飼い主も診察してくれる先生も楽チンで助かっています。

動物病院で働く人たちは犬好きな人が多いので、
病院慣れするための協力をお願いしたら、快く引き受けてくれると思います。
慣れていたら診察や治療もしやすいですしね!

ポチ君も病院好きになったらいいですね。

投稿: 柴犬好き | 2019年5月12日 (日) 17時51分

柴犬好きさん、こんばんは。

なるほど、オヤツ作戦ですね。

これなら病院を好きになるかもしれませんね。


アドバイスをいただきありがとうございました。

投稿: ひげぼうず | 2019年5月12日 (日) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休明けで、ちゃんと留守番ができるかな? | トップページ | お尻も柴犬の魅力のひとつですね »