« 手術することになりました | トップページ | 手術は無事にすみました »

2019年2月 9日 (土)

CT検査の結果と手術について

今日は東京でも少しだけ雪が積もりました。

しかし、そんなに大雪になることはなく、うちの地方ではほとんど積もりませんでした。


雪が大好きなポチは、現在入院中です。

ポチが元気になるまで雪が積もるのを待ってくれたと、今は思いたいですね。




さて、昨日、ポチのCT検査の結果と、今後の治療方法について、獣医師から詳細な説明を受けました。



まずは、担当医よりCT検査の説明から。


右の肺の中葉に、ブラと呼ばれる小さな風船状のものができて、それが破れて直径3ミリの穴が開いたそうです。

3ミリというのは、犬にしてはかなり大きな穴だそうです。

入院中もここから、3時間あたり200ccの空気が抜けていたようです。


しかし、なぜのこのようなブラができたのかは、原因は分からないそうです。




これだけ大きい穴だと自然治癒は望めず、外科的手術が必要とのことでした。


手術としては、穴をふさぐのではなく、肺の中葉すべてを切除する方法とのことです。

つまり、肺の1/6を摘出するそうです。


ただ、肺は半分を摘出しても、日常生活にはあまり影響は出ず、1/6なら激しい運動も可能とのことです。


その話を聞いて、僕はすぐに手術をお願いしました。




そのあとは、外科医から手術についての詳しい説明がありました。

「インフォームド・コンセント」というものです。


麻酔や手術にはどんなリスクがあるのかを、時間をかけて説明を受けました。


最悪の場合は死亡するケースもあるとのことで、僕は初めてポチの死というのを意識しました。

死亡に至ることはめったにないと分かっていても、かなり気持ちは落ち込みました。




手術自体は1時間半くらい要し、麻酔などの時間を入れると3時間ほどかかるそうです。

やはり大手術です。


ただ、手術が成功し、術後の経過も順調にいけば、1週間で退院、2週間で抜糸できるとのことでした。




手術は明日行われますが、終了時点で電話をもらうことにしています。


今は手術が無事にすむことを祈るばかりです。



2019020900
今日は仕事で江東区の木場まで行きました。少しだけ雪が積もっていました

2019020901
ポチの肺の部分のCT画像です。
3方向から撮影していますが、僕には見方がよく分かりませんでした

2019020902_2
これは胴体を「輪切り」にした画像。
赤丸付近に穴が開いていると、説明を受けたように思います

2019020903
「インフォームド・コンセント」の際、説明された書類です

2019020904
肺の赤い部分を切開して、中葉を切除するとのことです

2019020905
これは僕が病院に行ったときの写真ですが、
獣医師からは別の写真も見せてもらいました。
その写真にはフセの状態になっていたのですが、
呼吸がつらいときは横にはなれないそうです


柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 手術することになりました | トップページ | 手術は無事にすみました »

08-病院・保険」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/67683841

この記事へのトラックバック一覧です: CT検査の結果と手術について:

« 手術することになりました | トップページ | 手術は無事にすみました »