« 再びの雪で、テンションMAX | トップページ | 本日は立春。春の気配が… »

2018年2月 3日 (土)

「犬はリードが付いた散歩が好き」の意味が分かってきました

昨日降った雪ですが、今回はあまり積もることはありませんでした。

しかも、後半は気温が高くなり、雪はみぞれになったようです。



そのため、積もった雪も溶け始めました。


今朝の散歩では、雪が降る前よりも、道に積もっていた以前の雪が少なくなっていました。

ですので、一昨日よりも歩きやすくなっていました。


しかし、まだ日陰では凍結している場所があるので、そこを歩くときは十分に気を付けたいと思います。




さて、今日は「リード」に関する話題です。



以前、しつけ教室のトレーナーから「犬はリードが付いた散歩が好き」と言われたことがあります。


ネットの記事でも、そのように書かれているものを見かけます。



正直言って、以前はその意味がよく分かりませんでした。


犬はドッグランのように、ノーリードで自由に動き回ったほうが楽しいに決まっている。

ずっとそう思ってきました。




しかし、最近になって、トレーナーが言っていたことがわかってきました。


リード一本の短い綱ですが、実は愛犬と飼い主をつなぐ架け橋というか、とても大切なものに思えてきました。


僕はリードの引っ張り具合などを通してポチの体調がわかり、また心理状況も理解できるようになってきました。




そして、ポチのほうも、リードをしていたほうが、安心感があるのではと思うようになってきました。


例えば、先日、凍った雪道で転倒したときに、リードが手からはずれてしまったのですが、その時にポチはその場に止まって「え、どうしたの?」という表情で僕を見つめました。


本来ならば、リードがはずれて「やばい」と僕は焦るのですが、ポチのほうが落ち着いていました。



2、3年前には考えられないことです。



今はリードは愛犬と飼い主の信頼の証という感じがします。




以前はノーリードで歩いている犬を見かけると「危ないなあ」と思っていました。

しかし今は、「犬がかわいそうだ」と思うようになりました。


犬は本当に、リードが付いた散歩が好きなのだと思います。




現在使っているリードは、まもなく1年になります。


そろそろ新しいリードが欲しくなってきました。


2018013101
まだまだ雪が残っているところも。雪の上ではリードを引っ張るポチ。
けど、その行動も承知ずみです

2018013102
このような感じでストライキをすると、
リードがあるから落ち着いていると思うことがあります




柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

|

« 再びの雪で、テンションMAX | トップページ | 本日は立春。春の気配が… »

02-しつけ」カテゴリの記事

コメント

ひげぼうずさん、こんばんは!

私も同じように感じていますよ~
手をしっかりつないでいるようなイメージでしょうか。
たまに「さ、おててつなごうね」と無意識に
口にしてしまうこともあります。
一度玄関のところでわざとリードを手放してみたのですが、
「あれ、どうしたの?」とその場にじっと立って
待っていたので、ワンコも不安に思うのかもしれません。

投稿: hanahana | 2018年2月 3日 (土) 23時17分

ひげぼうずさん、ポチくん、こんばんは。
今日の「リード」のお話、共感する部分が多かったです。

たった1本の細い綱なのですが、その時その時の愛犬の気持ちの動きが、
リードを握る手に、直に、リアルに伝わってくるんですよね。
きっと、こちらの気持ちも愛犬に伝わっているんだよなぁ、と思うと、
互いに「縛られている不幸」ではなく、「繋がっている安心感」があるように感じます。

北海道は今晩、暖房を入れてもなお、妙に底冷えする寒々とした夜ですが、
お2人の絆の深さに触れたような、何とも言いがたいぬくもりに心が温かくなりました。
幸せのお裾分けを頂戴したような気分です。ありがとうございました!!

投稿: うずらのたまご | 2018年2月 3日 (土) 23時20分

ひげぼうずさん、こんにちは。
雪はどうですか?

私もうちの犬が来たばかりの頃に、近所の神社の公園の中で派手にこけて捻挫したのですが、その時リードを離してしまいましたが、ちゃんと戻ってきてくれました。

まだ来たばかりで「おいで」も教えきれてなかったから、本当に焦りましたが、ちゃんとそばに来てくれて、逃げることもなかったです。

うちはリーダーウォークは嫌がり、はたから見たらまるで虐待みたいに見えて(笑)教えなかったので、好き勝手引っ張って、匂い嗅いでの散歩なのですが、あまりに引っ張りすぎたら私が止まるとお座りするようにはなりました。

リード付きのお散歩だと、安心して用が足せるというのは前に聞いたことがありますが、うちの犬はドッグラン行っても好きにマーキングしていて、他犬と遊ぶことに夢中で、飼い主の声はあまり届きません(⌒-⌒; )

どうしても、人間に先立ち何か見つけなければいけない、帰れなくなってはいけないと、猟犬の持って生まれた習性が色濃く残る子なんだなと見ていて思いました。家ではおっとりした良い子ですが。

実家の柴は、すぐにリーダーウォークを覚え、引っ張らなくなりましたが、自分が行きたい方向と違う方へ行こうとしたらストですね(笑)。やはり柴犬だなあと思います(≧∀≦)

私もリード付きのお散歩を楽しめるようになればいいのですが、うちはまだまだ先かな(^^;;

投稿: やまじゅん | 2018年2月 4日 (日) 08時07分

hanahanaさん、こんにちは。

そうですね。わずか1本の細い綱ですが、まさに手をつないでいるような感じだと思います。

リードによって飼い主とつながっていて、犬も安心できるのでしょうね。

投稿: ひげぼうず | 2018年2月 4日 (日) 18時15分

うずらのたまごさん、こんにちは。

犬の気持ちが分かるだけでなく、飼い主のこともリードを通して犬に伝わっているのでしょうね。

まさにつながっていることの安心感があるのだと思います。


北海道はかなり寒いようですね。

うちのほうは今日はちょっとだけ春が感じされる暖かさになりました。

春はちょっとずつ来ているように思います。

投稿: ひげぼうず | 2018年2月 4日 (日) 18時18分

やまじゅんさん、こんにちは。

リード付きの散歩が快適になってきたのは、ここ1、2年だと思います。

それまではポチはリードを引っ張って、自由に行動していました。


けど、もう5歳ということもあり、僕との散歩にも慣れてきたように思います。

お互いの心が分かるというか…。


犬って本当に賢い動物だと思います。

投稿: ひげぼうず | 2018年2月 4日 (日) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/66342651

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬はリードが付いた散歩が好き」の意味が分かってきました:

« 再びの雪で、テンションMAX | トップページ | 本日は立春。春の気配が… »