« 「きょうのわんこ」のディレクターにお会いしました | トップページ | 1年ぶりの静岡への帰省 第2回 大河ドラマゆかりの地を観光 »

2017年3月18日 (土)

1年ぶりの静岡への帰省 第1回 CPがとても高い宿

今週の日曜日から一泊で静岡県の実家に帰省したことは、ブログでも簡単にご報告しました。

そのときの様子を、3回に分けてご紹介しようと思います。




今回の帰省の目的は、入院した下の弟の見舞いでした。


弟は実家の屋根を修理しているときに脚立から落ちて、足を複雑骨折してしまったのです。

手術は先週無事にすみましたが、入院は最低でも1カ月になるという大ケガでした。


ただ、見舞いに行ったときはとても元気だっので、少し安心しました。



病院は実家から車で15分ほどのところにあります。

実家に泊まってもよかったのですが、猫が2匹いるのでポチと泊まることはあきらめました。


なので、実家に近いペット宿泊可の宿を探しました。




以前も探したのですが、一人で宿泊できる宿は相変わらず2軒しかありませんでした。


ひとつは4年前に宿泊したことがある「ペロはまなこ」というペンションです。


ここは立派なドッグランがあり、病院からも車で10分ほどの場所にあるのて、真っ先に検討しました。



ただし、犬の料金を含めると宿泊代がちょうど2万円かかります。

それと、ペンションのため、部屋が少し狭く、大浴場もありません。


また、料理はとても立派なのですが、地元出身の僕にとっては新鮮味のある食材や料理ではありません。

ですので、「ちょっと高いな」というイメージなのです。




第2候補は、やはり2年ほど前に宿泊したことがある「休暇村 伊良湖」でした。


こちらのネックは実家から1時間半もかかることです。

往復で3時間はかなりきついです。


ても、そのハンデを感じさせない魅力がこの宿にはありました。



まず、宿泊料金です。


1泊2食付きで1万1100円という安さなのです。ペット料金も必要ありません。


部屋はコテージ形式で、リビングダイニングに10畳の和室が付いてます。

4人で泊まっても十分な広さです。


車もコテージの前に停めることができ、コテージの近くには大小2つのドッグランもあります。


風呂はコテージの中にもありますが、本館には薬湯や露天風呂がある大浴場もあります。



そして、何よりもうれしいのが食事です。


バイキング形式で、決して高価な食材は使われていないのてすが、寿司や天ぷら、刺身などもあります。

また、地元で採れた大あさりや野菜などもあり、どの料理もとても美味しいのです。


さらに好きな具材を選んで自分作る釜めしも絶品です。

休暇村の宿泊客は年配の方が多いので、いずれもそれに合わせた家庭的な料理と味付けなのだと思います。


朝食も品数が多くて大満足です。



これで犬と一緒に泊まれて、1万円ちょっとはコストパフォーマンスが良すぎです。



残念ながらレストランはペット同伴不可で、ポチは車で留守番でした。


それでも、これだけの設備と食事のことを考えれば、それはまったく気になりません。




次回、帰省するときもぜひここに泊まりたいと思います。

そのときはフェリーで鳥羽に渡り、お伊勢参りをしたいですね。


→次回へ続く


2017031801
今回泊まったコテージ。隣りと離れているので、吠える犬も安心して泊まれます。
車も目の前に停めることができます

2017031802
コテージのそばにはドックランもあります

2017031803
リビングルームのソファは新調されていました

2017031804
ダイニングテーブルやキッチンもあります

2017031805
寝るときはこの10畳の和室。一人では広すぎな感じもします

2017031806
ポチもすぐに部屋の雰囲気に慣れました

2017031807
バイキング形式の料理はどれもとても美味しかったです



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 「きょうのわんこ」のディレクターにお会いしました | トップページ | 1年ぶりの静岡への帰省 第2回 大河ドラマゆかりの地を観光 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

弟さんの怪我、早く良くなると良いですね。
今日は主人が娘宅のアンテナ工事に行くことになっているので、くれぐれも屋根から落ちないよう念押ししました。
紹介されているコテージ、コスパがとても良さそうですね。静岡はこちらからだと遠いイメージなのですが行ってみたくなりました。

投稿: ハリーロンのママ | 2017年3月19日 (日) 09時03分

弟さん一か月ですか・・・。

私も子供の時に指骨折しましたがしばらくは自由のきかない日が続きますね。

健康なのに自由が制限されるのでストレスになるんですよね・・・。

しかし~~「自作||の釜めし」ですか><;。

魚介類の釜めしなんぞ作れたらたまらんでしょうね^^。

投稿: Hikaru Larimal | 2017年3月19日 (日) 16時26分

ハリーロンのママさん、こんばんは。

どうもありがとうございます。

大ケガでしたが、本人はとても元気でした。


実家は静岡県の西の端なので、車でも結構かかります。

今回泊まった宿もかなり遠いですが、そんな距離も感じさせない素敵なところです。

投稿: ひげぼうず | 2017年3月19日 (日) 23時23分

Hikaru Larimalさん、こんばんは。

本人はいたって元気でしたが、やほり長期の入院は辛そうです。

時間を持て余すみたいで。


釜めし、最高でした。

僕は、あさり、イカなど海鮮中心のものをいただきました。

投稿: ひげぼうず | 2017年3月19日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/65031333

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりの静岡への帰省 第1回 CPがとても高い宿:

« 「きょうのわんこ」のディレクターにお会いしました | トップページ | 1年ぶりの静岡への帰省 第2回 大河ドラマゆかりの地を観光 »