« 雑誌「Wan」の取材を受けました | トップページ | 小谷流の里ドギーズアイランド 後編 ドッグラン編 »

2016年10月 9日 (日)

小谷流の里ドギーズアイランド 前編 レストラン編

昨日の土曜日は、友人と一緒に千葉県のほうまで行ってきました。

もちろん、ポチも一緒です。


千葉県は「すいらんグリーンパーク」をはじめとして、大きなドッグランがいくつかあります。

今回はこれまで行ったことがないドッグランへ行こうと思いました。



昨日の土曜日は、2、3日前の天気予報では「曇のち雨」ということでした。

しかし、予報は見事に外れ、朝から雨が降り始めました。


それでも、雨は上がると信じて、千葉方面へ向かいました。




今回の目的地は、千葉県八街市にある「小谷流の里ドギーズアイランド」です。


ここは昨年5月にオープンしたところで、ペット宿泊可のホテルやドッグランなどがある施設です。

まだ一部のオープンということで、来年には温浴施設などを含めた一大リゾート施設として正式に開業するようです。




食事をしている間に天気が回復することを願って、まずはレストランに向かうことにしました。

車を降りたときは、まだ小雨が降っていました。



「ザ フォレストダイニング」はこの施設のメインダイニングです

もちろん、犬も入れることのお店です。

ホテルに宿泊される方は、ここで夕食や朝食を取られる方が多いようです。




そして、ここは土日祝に限り、ブッフェのランチ営業をしています。


ただ、雨が降っていることもあり、昨日の店内は人も犬も少なかったです。

きっと晴れた日の休日は、とても賑わっているのだと思います。



我々は池に面したテラス席に食事をすることにしました。

晴れた日なら、リゾート気分を満喫できそうな場所です。




料理のほうは地元の食材にこだわったもので、どれもとても美味しかったです。

種類も多く、デザートやドリンクも充実していました。


料金は2500円ですが、この内容なら高くないと感じました。



そして、犬用のメニューもあり、ポチのためにササミのステーキを注文しました。




雨が降っていることもあり、ゆっくりと時間をかけて食事を楽しもうと思っていたのですが、次第に雨が強くなってきました。


そして、ゲリラ豪雨のような激しい雨になりました。

テラス席の一部にも雨が吹き込んできました。



この激しい雨を見て、食事が済んだら帰ろうと思いました。

そして、友人とも「今日はドッグランは諦めて、またいつか来よう」という話をしていました。



しかし…。


→後編へ続く


2016100901
池に面したテラス席に座ると、まさにリゾート気分を味わうことができます

2016100902
いつものように最初のうちはポチはソワソワとしていました

2016100903
土日祝に限りこのレストランはランチ営業をしています。
料理はブッフェ形式で、体に優しい料理が多かったです

2016100904
まずはサラダ類から。その後、ローストビーフなど肉や魚もいただきました

2016100905
テーブルに足を乗せて料理をチェックするポチ。行儀が悪いですね

2016100906
ポチはササミのステーキを振る舞いました

2016100907
雨が強くなって、テラス席の一部にも吹き込んできました…



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 雑誌「Wan」の取材を受けました | トップページ | 小谷流の里ドギーズアイランド 後編 ドッグラン編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

今年は雨が多くて、気持ち良い秋晴れ☀に恵まれませんね!
ポチくん千葉に連れていってもらったんですね!
私も小谷流ベーカリーのカフェが気に入っていて時々いきます。レストランに今度行ってみたいです!

投稿: リコピン | 2016年10月10日 (月) 08時44分

リコピンさん、こんにちは。

この土日は天気に恵まれませんでしたね。

カフェのほうは、雨にもかかわらず、多くの人や犬で賑わっていました。

レストランの料理は本当に美味しかったです。

投稿: ひげぼうず | 2016年10月10日 (月) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/64323194

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷流の里ドギーズアイランド 前編 レストラン編:

« 雑誌「Wan」の取材を受けました | トップページ | 小谷流の里ドギーズアイランド 後編 ドッグラン編 »