« ようやく毛並みが元に戻ってきました | トップページ | 鬼怒川温泉ふたり旅 その2 食事編 »

2016年8月 3日 (水)

鬼怒川温泉ふたり旅 その1 旅館編

今日から5回にわたって、先週の温泉旅行についてご報告したいと思います。

タイトルに「ふたり旅」とありますが、正式には人間ひとり+犬1頭です。



本日は「旅館編」です。



実は2週間前に長野県安曇野への泊まりがけ旅行をしたばかりでした。


しかし、ブログでもご報告した通り、宿の問題、気候の問題などがあり、不本意な旅行に終わりました。



ということで、夏の間にもう一度旅行へ行こうと、先週から真剣に考えていました。

しかし、8月は仕事が忙しくて、また宿の料金も高くなるので、半ば諦めていました。



ところが、前日になって金曜日が休めることになったのです。

さっそくホームページをチェックすると、まだ宿は予約可能なようです。


料金も夏の特別料金の前で、平日料金で泊まれるようです。




なので、さっそく予約を入れました。

これまでポチと10回以上旅行をしていますが、前日に宿の予約をするというのはこれが初めてです。


しかし、思い立ったが吉日です。

これまでの経験もあり、前日でも旅の支度は問題ありませんでした。




今回泊まったのは、「鬼怒川 絆」という温泉旅館です。



「絆」といえば、4年前に初めてポチと泊まりがけ旅行で行った宿です。

そのときは修善寺でしたが、今回は昨年の12月にオープンした鬼怒川のほうです。



修善寺のほうでは、まだ生後7カ月ということもあり、オシッコの粗相はするは、部屋の中をずっと走り回っているはで、ペット同伴旅行の大変さを身をもって経験しました。


■初めての一泊旅行・伊豆へ 1日目2012年12月21日 (金)
http://higebozu.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-288a.html



しかし、そんなポチや初心者の飼い主に対して、ここの施設やサービスは本当に優しく接してくれました。



ここが初めての宿だったので、その後もポチと年に数回の旅行を楽しめるようになったと言っても過言ではありません。

料金は少し高めですが、特に初めてペット同伴旅行へ行く人には僕はいつもこの宿を勧めています。





前置きが長くなってしまい、申し訳ありせん。

今回の旅館の紹介をしたいと思います。



まず、場所ですが、鬼怒川温泉のとても分かりやすい場所にあります。

車でもすぐに場所がわかりました。

「鬼怒川温泉駅」からも徒歩10分くらいのようです。



建物のほうですが、まずはロビーの広さにびっくりしました。

坪庭も中にあります。


チェックインはロビーのゆっくりと置かれた応接セットで行われます。

抹茶と栗饅頭が出され、館内の説明を受けます。



ロビーからは素敵な日本庭園が眺められます。

また、デッキには足湯とハンモックもありました。




この旅館はとても広くて、部屋まではかなりの距離がありました。

しかし、庭を抜けていくとかなりの近道になります。


最初だけ館内を通り、以後はポチと庭を抜けていきました。




部屋のほうは、もっとも小さい「純和室 Aタイプ」です。


小さいといっても、10畳の和室に広縁、バス・トイレ付きで、ひとりで泊まるには十分の広さです。

2人と中型犬2頭でも、ゆったりと過ごせると思います。



部屋の様子は下の写真をご覧ください。




ここは温泉旅館をリノベーションしたところですが、古さはあまり感じられませんでした。


なお、この旅館には露天風呂が付いた「特別室」や「貴賓室」といったスイートルームタイプのものも何部屋かあります。

いつかはスイートにも泊まってみたいですね。




温泉旅館の楽しみは、何と言ってもお風呂です。


部屋の中にも風呂はありますが、温泉ではないので、大浴場と家族風呂を利用しました。

脱衣所までは犬も連れていくことができます。



特に素晴らしいかったのが、家族風呂です。

屋外の湯船は一度に5人は入れそうな大きなものです。


ウッドデッキもあり、火照った体を冷ますことができます。

ぜひ、家族風呂のご利用をお勧めします。



大浴場のほうは内風呂だけで、あまり特徴はありませんが、夜間でも利用できます。

僕は夕食前と朝に大浴場を、夜10時に家族風呂を利用しました。




ここの旅館には屋外と館内にドッグランがありますが、それは「その5」でご紹介したいと思います。


→その2へ続く


2016080301
「鬼怒川 絆」の玄関前。駐車場が目の前というのはありがたいです

2016080302
玄関前でポチと。看板の裏がペット用のトイレです。
館内に入る前にオシッコを済ませることができました

2016080303
フロントに坪庭。とてもゆったりとした造りです

2016080304
この応接セットでチェックインを行います

2016080305
抹茶と栗まんじゅう。ここの旅館は、おもてなしが完璧です

2016080306
ロビーからも素晴らしい日本庭園を見ることができます

2016080307
庭園を抜けると部屋まで近道で行くことができます

2016080308
庭園には24時間利用可能な足湯があります

2016080309
今回の部屋の玄関。純和室という趣きです

2016080310
10畳の和室に、奥には広縁もあります

2016080311
夕食をとっている間に、布団を敷いてくれました

2016080312
置物ではありません。床の間にいるポチです

2016080313
大浴場では脱衣場まで犬を連れていくことができます

2016080314
5人は入れそうな大きな浴槽が魅力の家族風呂。贅沢です

2016080315
ポチもこの旅館は気に入ってくれたようです


犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« ようやく毛並みが元に戻ってきました | トップページ | 鬼怒川温泉ふたり旅 その2 食事編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ポチくん、超楽しそうですね。
今回もとってもいいお顔してます。
ひげぼうずさんのおすすめの宿ということもあり
素敵なところですね。

うちのわんこもこんな風に旅行に連れて行ってあげたかったななんて思ってしまいました。

和風の宿(庭園や畳等)にポチくんがあまりにもマッチしていて
可愛い過ぎて、そして床の間のポチくんは最高です。その2以降も旅行記楽しみにしてます。

投稿: メル母 | 2016年8月 4日 (木) 09時09分

こんにちは、素敵な旅館ですね〜!こんなとこに連れてってみたい。
柴犬は和風旅館が似合う・・・・。続きも楽しみにしています。
脱衣所まで犬を連れていって良いとなっていますが、ひげぼうずさんがお風呂の入ってる間、ポチくんは脱衣所でおとなしく待ってるんですか?

投稿: スズメ天狗 | 2016年8月 4日 (木) 10時45分

ブログを楽しく拝見させていただきました。

初めまして、弊社はペットの歯磨き剤を製造しております。

この都度わんちゃんの水に混ぜるだけで手軽にできる歯磨きのモニターを募集することになりました。
無料で商品を送らせていただきますので、よろしければ斎藤 t.saito@redenta.jp までご返信いただければ幸いです。動物病院でも販売され、口臭にお悩みの場合は特に効果を発揮しますので、おすすめしております。

投稿: | 2016年8月 4日 (木) 16時56分

鬼怒川や修善寺に ペット専用のこんなに至れり尽くせりの日本旅館があるのですね🐶

全て行き届いてこれなら満足出来ますね。
床の間のポチくん写真、最初はてっきり置物かと思いました(これも旅館の演出かと・・・)
家族風呂に入っている間、犬は脱衣所にいられるのもいいですこと! 部屋で留守番だと鳴いたり悪戯していないか気掛かりですからね。

関東甲信越周辺には いい温泉なのに最近ひっそりしてきた大規模温泉地が何ヵ所かありますよね。
そういう施設の経営者さんは 『ペット連れ専用!』にリニューアルして宣伝したら人気になるのになぁ😌と思ってしまいました
。 和風の旅館ではなかなかないですもの☺

投稿: 犬太ママ | 2016年8月 4日 (木) 17時53分

ひげぼうずさん、こんにちは。

こちらのお宿とポチ君、本当によく似合っています。床の間にいるポチ君、まさに置物ですね!コメに思わずニンマリしてしまいました~笑 このような純和風の旅館でもワンコ連れOKとは嬉しくなりますね。家族風呂はワンコも入れますか?

投稿: ハチのママ | 2016年8月 4日 (木) 18時30分

メル母さん、こんばんは。

どうもありがとうございます。

そうですね、柴犬はやはり和風な感じが似合いますね。


そして、ここはペット同伴専門の旅館なので、施設やサービスは至れり尽くせりです。

ですので、犬連れでも安心して泊まることができます。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 4日 (木) 18時35分

スズメ天狗さん、こんばんは。

コテージもいいですが、柴犬はやはりこのような和風の旅館がよく似合いますね。

以前はつないでおくと吠えることもあったのですが、最近は静かにしているようです。

僕がいないときはソワソワしているかもしれませんが。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 4日 (木) 18時40分

こんばんは。

初めての一泊旅行も併せて自分も行った気分で観ました^^。

旅館の名称が「絆」とは良いですね。

旅館のネーミングもありポチくんとの二人旅も楽しかったでしょうね。

思い立ったが吉日ですと言うのも解りますね。

ひげぼうずさんとポチくんの「絆の旅」続編も楽しみにしてます^^。

「追伸」

置物?のポチくんラブリ~♪。

投稿: Hikaru Larimal | 2016年8月 4日 (木) 18時42分

犬太ママさん、こんばんは。

そうですね。旅館でこのような施設とサービスのところは、まだ少ないかもしれませんね。

料金はかなり高めですが…。


脱衣所まで連れていけるのもいいですね。

部屋に留守番させるのは、なかなか難しいですからね。


鬼怒川温泉でも、閉鎖されたホテルや旅館がいくつも見受けられました。

おっしゃるように、ペット向けにリノベーションして有効に活用できればいいですね。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 4日 (木) 18時53分

ハチのママさん、こんばんは。

そうですね。まさに置物のようですね。僕も写真を見てビックリしました。

ここの家族風呂は、残念ながら犬は入ることはできません。

スイートルームには、ワンコ専門のお風呂がある部屋もあるようです。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 4日 (木) 18時57分

Hikaru Larimalさん、こんばんは。

絆という名前は意識していませんでしたが、おっしゃるように一緒の旅行を重ねることによって、
ポチとの絆は強くなっていったと思います。

最初の旅行は、本当にハラハラドキドキものでしたが。


床の間の写真、僕も見てビックリしました。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 4日 (木) 19時15分

はじめまして。
旅行の記事やお出かけの記事、いつも痒いところに手が届く感じで詳細がよく分かり、非常に参考になります。
西武遊園地には5月に行って来ましたよ。
お陰様でビクビクせずとても楽しかったです。
絆というお宿、昨年迎えた保護犬の柴の一年目記念に予約をしました。
車がないのでスペーシアで行きますが今から楽しみです。
いつもありがといございます。

投稿: カリカリ梅子 | 2016年8月 6日 (土) 17時42分

カリカリ梅子さん、はじめまして。

西武園ゆうえんちの記事が、ご参考になってうれしく思います。


「絆」にもこれからご宿泊されるのですね。

きっと素敵なうちの子記念日になると思います。

楽しい想い出をいっぱい作ってください。

投稿: ひげぼうず | 2016年8月 6日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/64008740

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼怒川温泉ふたり旅 その1 旅館編:

« ようやく毛並みが元に戻ってきました | トップページ | 鬼怒川温泉ふたり旅 その2 食事編 »