« 知り合いの柴犬が緊急入院! 拾い食いは要注意 | トップページ | 東大に新しいハチ公像。ポチと会ってきました »

2015年3月 7日 (土)

コリー犬死亡、飼い主は重傷。高速道路では…

何ともいたましい事故が起きました。


パーキングエリアから逃げた犬を追って、飼い主は車にひかれて重傷、犬のほうは命を落としたというものです。

http://www.hochi.co.jp/topics/20150307-OHT1T50052.html



飼い主の命が助かったのがせめてもの救いですが、この事故ではいろいろなことを考えさせられました。



この事故に対しては、飼い主をひいた車の運転手に同情する意見が多いようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150307-00000052-sph-soci


僕も車を運転するので、この意見はとてもよく分かります。




一方で、僕も犬の飼い主なので、懸命に愛犬を追いかけた飼い主の気持ちもよく理解できます。

僕もこんな状況になったら、冷静に行動できるか自信がありません。


ニュース記事を読む限り、この飼い主は愛犬をとても大切にされていたようです。



この事件に関しては「NAVER まとめ」でさらに詳しく紹介されています。

http://matome.naver.jp/odai/2142563598227844601




僕も高速道路を使ってポチと旅行をすることが多いので、この事故は他人事のようには思えませんでした。


確かに高速道路のパーキングは、犬と飼い主にとってはとても危険な場所だと思います。



記事にもありましたが、車での移動は犬にとっては結構ストレスがかかると思います。

ですから、開放感のあるパーキングエリアいるときは、犬はとてもテンションが上がった状態になると思います。




今回の事故は、犬を車から降ろすときに起きたのか、それとも車の窓から逃げ出してしまったのかは分かりませんが、いずれしても飼い主の慎重な対応が求められる場面だと思います。



特に、車から降ろすときが一番危険だと思います。

テンションが上がった犬なら、車のドアを開けた瞬間に、勢いよく外に飛び出していくでしょう。



うちの場合は車ではクレートに入れていますが、クレートのドアを開け、リードを着ける瞬間が一番気をつかいます。

クレートから出たときに「止まれ」と言って、ポチを静止させてからリードを着けています。


そして、リードは短く持って、急に走らないように制御しています。

比較的安全な場所で降ろすときも、必ずそうしています。



今ではポチは静止することを覚えていますが、やはり万が一ということもあります。

ですから、車から降ろすのは本当に慎重に行っています。



そして、車から降ろしてからも、さらに慎重な対応が求められます。

高速道路のパーキングは、低速ではありますが、常に車が往来しています。


ポチも車から降りたときはいつも興奮状態になるので、リードを短く持って、ゆっくりとパーキング内を歩くようにしています。



車に犬を乗せるドライバーの方なら「当たり前」と思うことばかりです。

しかし、今回のような悲劇を起こさないためにも、このような場所では飼い主は一瞬たりとも気を抜いてはダメだと思います。



少し説教じみた記事になりましたが、これは旅行を重ねるうちに慎重さをなくしている僕自身に対する自戒の念も込めています。


愛犬のため、そしてまわりに人たちのためにも、飼い主の責任は大きいと思います。


2015030701
東名高速道路の足柄SAで(2013年12月)

2015030702
同じく足柄SAで(2014年12月)



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 知り合いの柴犬が緊急入院! 拾い食いは要注意 | トップページ | 東大に新しいハチ公像。ポチと会ってきました »

10-ごあいさつ・雑記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そちらも今日は雨が降ってるでしょうか?
せっかくの土日がどんよりで残念です。

高速道路の事故のお話しは初めて知りました。
もう、亡くなったワンちゃんも飼い主さんも轢いてしまった方すべてが本当に可哀想ですよね。
うちも今は多頭飼いになったのでなおさら気を付けないとです。
茶々は勝手にドライブBOXから出ない子でしたが、それでも車にいつも固定してあるリードを、飛び出し防止用に使っていました。
まだまだパピーで車に慣れない美都アコを先日一緒に乗せた時はドライブBOXに乗せるのも、チャックを締めて出ないようにするのも大騒ぎで、とても飛び出し防止のリードを取り付けられる状況じゃなかったです(汗)
やっぱりもう一度乗せる方法を考え直すべきだと今回の記事を読ませてもらって反省しました。
いつも勉強になります。ありがとうございました^^

投稿: 茶々ママ | 2015年3月 8日 (日) 10時22分

わー、こんなかわいそうな事故があったんですね
うちのセダンの車はトランクルームにケージを置いて、座席の背もたれを倒してみかんが見えるようにして使ってるんですが、やはりケージから降りるときは逃げ出すように勢いよく飛び降りて走って行こうとします。
ズボラなみかん母も、さすがにこれは何かあった時に怖いのでリードを付けたまま(扉のネットの隙間にリードを通してます)扉をキッチリ閉めます。
開けるときはリードを短く持って、みかんの勢いに負けないようにがんばります(笑)
よそのワンちゃんで座席でおりこうさんにしている子などみるとうらやましいですけど、うちはケージのほうが合ってると思うので

ワンコと遊べる遊園地いいですね! みかん連れてったらどうなるんやろ(´・ω・`) 行ってみたいわぁ~

投稿: みかん母 | 2015年3月 8日 (日) 16時43分

こんにちは。
こちらは栃木県です、昨日から気温が低くて冷たい雨も降ったり止んだり、犬の散歩で体を温めてきました。
パーキングエリアの事故は、本当に他人事ではありません。
犬が離れてしまったら、たぶん私も何も考えずに追いかけてしまうかもしれませんね。
我が家も犬はクレートに入れて車に乗せています、その際リードは着けたままにしています。リードの持ち手の方は、クレートの隙間から外に出しておきます。(なるべく上の方から)
中で犬が方向転換したりしても、からまった事もありませんよ。一度お試しください。

投稿: 桜子管理人 | 2015年3月 8日 (日) 16時52分

茶々ママさん、こんばんは。

今日は午前中まで雨が降っていましたが、午後はなんとか上がりました。

2頭だと車に乗せるのも大変ですね。

安全に、快適に乗せることができる方法が見つかるといいですね。
そして、早く車にワンちゃんたちも慣れてくれるといいですね。

投稿: ひげぼうず | 2015年3月 9日 (月) 00時26分

みかん母さん、こんばんは。

以前、うちも助手席にリード付きで乗せていたのですが、走って
いるときにおとなしく座っていることはなく、しかもシフトレバーを
かじったりするので、今はクレートに入れるようにしています。

そうですね。犬と一緒に遊べる遊園地はもっと増えてほしいですよね。
一緒にアトラクションに乗るのは、本当に楽しいです。

投稿: ひげぼうず | 2015年3月 9日 (月) 00時33分

桜子管理人さん、こんばんは。

リードを付けたままだと、車から降ろすときも安心ですよね。

実はうちも、最初はずっとリードを付けたままクレートに入れて
いたのですが、リードを噛み切ってしまうことがあったので、
その後ははずすようにしています。

噛み切らないような、良い子になってくれるといいのですが…。

投稿: ひげぼうず | 2015年3月 9日 (月) 00時41分

おはようございます

ランに来る人は、皆さん車の中で犬を自由にしてたり
ランの横に駐車場があるのでノーリードで犬がランに来たりとしています
そう言う癖を付けるから犬が勝手な判断で行動をするのだと思います

私はラゲッジにバリケンを固定して犬を乗せています
事故は自分が起こす物だけではなく、貰い事故も多いと思うからです
知り合いは信号無視の車に突っ込まれ車が回転して犬も人間も車の中で転がったと言う話しも聞いています
降ろす時も私は家の敷地内だろうが例外は作らない事にしています
必ずバリケンの扉をあけてもリードを着け『ヨシ!』のコマンドなければ降りられないとのルールにしています
それは家の玄関、外のサークル、犬舎
全てにおいて勝手に出てはダメと言うルールにしています

それが犬を守る事だと思うからです
犬もルールさえ決めれば混乱をしません

不慮の事故は不慮だから起きるんです
それは人間側が意識をすれば最大限防げる事です

慣れるやってしまいがちな事
リードを繋いでいる方が躾のなっていない犬と見たり(そういう人もいるでしょうが)

けど、他人の行動まで飼い主はコントロール出来ません
不慮は自身の過失もあるでしょうが、他人の過失もあります

犬が楽しく自由にしている姿は楽しいでしょうが
それは不慮が起きても後悔しないとの心づもりで行っていると行政や法律の観点から言われたらどうします?後悔しない程度の犬なんですか?って
あやふやな飼い主さんを見る度にモヤモヤしてしまいます


投稿: ぽんきち | 2015年3月 9日 (月) 09時11分

ぽんきちさん、こんばんは。

車への犬の乗せ方ですが、危険だと感じられるケースはよく見かけ
ますね。

今回の事故が何が原因だったかはわかりませんが、やはり飼い主が
注意していれば防げたように思います。


悲しい事故を防ぐためには、飼い主の意識が変わらないとだめですね。

投稿: ひげぼうず | 2015年3月 9日 (月) 18時27分

足柄サービスエリアのドッグラン
先日行ったばかりです…
誰もいなかったのでとても楽しく遊ばせることが出来ました~~
この事故の事は知りませんでした
他人事とは思えないですね!
命を守るための躾とリードだと再度考えさせられました

投稿: さち | 2015年3月 9日 (月) 21時23分

さちさん、おはようございます。

足柄SAのドッグランは、いつ行っても空いてますよね。
僕も東名を利用するときは、よくポチを連れていっています。

SAエリアではうちもテンションが高くなるので、今回の事故は
人ごとではない気がしました。

投稿: ひげぼうず | 2015年3月10日 (火) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/61244973

この記事へのトラックバック一覧です: コリー犬死亡、飼い主は重傷。高速道路では…:

« 知り合いの柴犬が緊急入院! 拾い食いは要注意 | トップページ | 東大に新しいハチ公像。ポチと会ってきました »