« 早春の伊豆旅行 その1 高速道路SA編 | トップページ | 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) »

2015年2月13日 (金)

早春の伊豆旅行 その2 伊豆のランチ編

強い寒波の影響で今日は全国的に厳しい寒さになるという天気予報でしたが、東京は最高気温が11度を超えるなど、気温は思ったほど低くありませんでした。


しかし、北風が徐々に強くなり、気温も急降下。

夜の散歩のときは気温は3度くらいまで下がり、風も強かったので、体感温度は1~2度という寒さでした。


明日の朝はさらに寒くなりそうです。




さて、伊豆の旅行記の第2回です。

今日は「伊豆のランチ編」です。


伊豆にもドッグカフェは多いと思いますが、せっかくの伊豆への旅行なので、地元の名物料理を食べようと、今回は2日とも昼食は犬が同伴できない所へ行きました。


ポチには申し訳ないのですが、2回とも車の中で留守番をしてもらいました。



1日目のランチは、海鮮料理を食べたいという友人のリクエストで、伊東市にある食堂へ行きました。

店は、車中、友人にネットで調べてもらいました。



選んだのは国道から細い道を入ったところにある海沿いの「和食海女の小屋 与望亭」という店です。

店の1階には芸能人の色紙がいっぱい貼ってあるので、どうやら有名店のようです。


ただ、日曜日の昼どきでしたが、待つことなく席につくことができました。



ここは刺身定食、海鮮丼、釜飯、そして海鮮のみそ汁が売りのようです。

僕は地元で獲れた海鮮を使った「川奈丼」、友人は「ウニ・イクラ丼」を、それぞれ定食セットにして頼みました。

伊豆に来て「ウニ・イクラ」というのもどうかと思いましたが、北海道出身の友人はよほどウニやイクラが好きなんでしょうね。



さて、川奈丼のほうはアジ・イカ・ハマチ、マグロなどの刺身がのった海鮮丼で、刺身の鮮度もよく、味のほうは満足できるものでした。

友人のウニ・イクラ丼のほうも、「まずまず」とのことです。



しかし…。

川奈丼の定食は2350円という値段です。

いくら新鮮で美味しいといっても、これはちょっと高いと感じました。

この内容で1500円以下なら納得なのですが、庶民の感覚から考えると、コストパフォーマンスはかなり悪いと思います。


やはり観光地料金なのでしょうか?

友人も「やっぱ、ネットはあてにならないな」と言っていました。


この伊東市あたりで、美味しい海鮮丼を安く食べられる店があったら、ぜひ教えていただきたいものです。




さて、2日目のランチですが、今度は僕が選びました。

1日目の店選びで自信をなくした友人が、僕の提案を聞いてくれました。


選んだのは河津七滝近くになる「わさび園 かどや」という店です。

ドラマ「孤独のグルメ Season3」に登場し、このあたりではすっかり有名なお店になったようです。


放映直後は大繁盛していたらしいですが、僕らが行ったのは平日の12時前ということもあり、店内には2組しか客はいませんでした。



さっそく名物の「生わさび付 わさび丼」を注文しました。


まずは、生わさびを自分ですり下ろす作業から。

長次郎の鮫皮おろしを使って、小粒のわさびをすっていきます。

ほどなくして、鰹節がのったご飯が運ばれ、真ん中にわさびをのせます。

わさびにかからないように醤油をたらし、少しまぜてからご飯をいただきます。



何ともシンプルな食事ですが、わさび本来の香りと味を楽しむことができ、とてもおいしくいただくことができました。

量はとても少ないのですが、宿の朝食がとても多かったので、男性でもこれくらいで満足できました。

あと、値段(550円)も、売店で生わさびが1本300円で販売されていたので、良心的だと思いました。



すぐにまた食べたいという丼ではありませんが、しばらくすると無性に食べたくなるかもしれません。

そんな不思議な魅力を感じる「生わさび丼」でした。



というわけで、今回の伊豆旅行のランチは、1勝1敗という感じでした。


→その3へ続く


2015021301
すぐ前が海岸という抜群のロケーションの「和食海女の小屋 与望亭」

2015021302
地魚を中心に7種類のネタがのった「川奈丼」を定食でいただきました

2015021303
「わさび園 かどや」。」古くから営業している店のようです

2015021304
茎を取ってから鮫皮おろしで、生わさびをすり下ろします

2015021305
生わさび独特の香りがします。辛さもかなりのものです

2015021306
シンプルな料理ですが、それだけにわさびの風味をしっかりと味わうことができました



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 早春の伊豆旅行 その1 高速道路SA編 | トップページ | 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

名物に美味いもの無しと言いますが、讃岐のうどん食べ歩いたことありますが有名なとこはほぼ全滅で安くて美味いとこは地元のタクシーとかトラックがくるとこでした^^;。

でもこのわさび丼てお茶づけもいけるでしょうね。

それとこの間の四国編のSOHOLM CAFEのバックてっきりこれのシリーズと思ってました^^;。

http://tensinokaze.web.fc2.com/diarySuntory.html

投稿: Hikaru Larimal | 2015年2月14日 (土) 16時09分

こんにちわ!コメント出遅れスミマセン…
私が仕事でなければご案内したのですが…
セール後で忙しくて(இдஇ; )
亀石ドックラン、残念でしたね。休みの日ならポチ君の遊び相手もいたと思います。次の日は雪でビックリしました!亀石から下った突き当りの海の前に海家あります。
伊東の美味しいとこですが、ひげぼうずさん達が行ったところは、残念ながら地元は行きません!高いし…ちなみに私のオススメは、伊東駅近くのつたよしと言う寿司屋さんと市場の前の浜善と宇佐美のふしみ食堂です。2500円だしたらかなりいいもの食べれます。調べてみて下さい。ポチ君は入れませんが(*>_<*)ノ
3月下旬からしらす漁が始まります。海家の近くにポチ君も一緒に入れるとこがありますので来られる時は早めに連絡下さい。旅の続き楽しみにしてます!

投稿: ゆうこ | 2015年2月14日 (土) 16時44分

Hikaru Larimalさん、こんばんは。

地元の方が来るところが安くて美味しいところなんでしょうね。
ネット時代でも、やはり生の声が一番ですね。

確かに、このわさび丼はお茶漬けにしてもおいしいでしょうね。


BOSSとコラボしたバッグがあるのですね。驚きました。

僕のは新宿のACTUSで買ったもので、ファスナーは付いていませんが、
中にポケットがいっぱいあって、散歩のときにはとても便利です。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月14日 (土) 22時00分

ゆうこさん、こんばんは。

お気遣いいただきありがとうございます。

この日は海老名SAを出てから雨が降り出し、夕方まで降っていました。
晴れていたら大室山にも行きたかったのですが…。


食事のことは、やはり地元の方の情報が一番ですね。ネットはまったく
あてになりません。

今度伊豆へ行くときは、早めにご連絡を差し上げるようにします。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月14日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の伊豆旅行 その2 伊豆のランチ編:

« 早春の伊豆旅行 その1 高速道路SA編 | トップページ | 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) »