« 日が長くなり、夕方5時半でもドッグランはまだ明るいです | トップページ | 高齢犬が53.4%を占めるそうです »

2015年2月24日 (火)

「ほめること」はやはり難しいですね

昨日の東京は4月のような暖かな日になりましたが、夕方から夜にかけて雨が降りました。

幸いなことに夜の散歩のときはその雨も上がっていて、まだ気温も9度くらいあったので、快適に散歩することができました。


ポチもこの暖かさを実感したのか、散歩から帰るとたくさん水を飲みました。




さて、ネットに以下のような記事が掲載されていました。


「獣医が解説! 正しい犬のほめ方と叱り方」
http://news.livedoor.com/article/detail/9811134/


目新しいものはなく、ごく一般的なことばかりです。



しかし、僕が苦手にしていることも書かれていました。


■ほめるタイミングを逃さない

「トイレが成功したときや、呼んだらやってきたとき、「待て」ができたときなど、良いよいことをしたら「よくやったね」「よしよし」「GOOD」などと声をかけて撫でてあげましょう」とのことです。



ポチは生後5カ月くらいのときに、ある著名なドッグトレーナーに出張のしつけ教室をお願いしたことがあります。

http://higebozu.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-86e7.html

そのときは、トイレや甘噛みのことを主に相談し、トレーナーのアドバイス通りに実践しました。


このトレーナーは「ほめるしつけ」で有名な方なのですが、そのときは問題行動の改善で頭がいっぱいで、ほめ方のほうはきちんと教えていただきませんでした。


今から思うと、2、3回の出張をお願いして、きちんとほめ方を教わるべきだと、ちょっと後悔しています。




ほめるというのは、対人間でも僕は苦手なほうだと思います。

今は部下も「ほめて伸ばす」ことがあたり前になっていますが、僕の若いときは「叱られて学ぶ」という感じでした。


ですから、犬をどのようなタイミングで、どんな言葉で、そしてどのような態度でほめたらいいのか、いまだに分からないときがあります。



これまでほめるケースとしては、足を拭くときに静かにしていると「よしよし」と声をかけるくらいでした。

それも1歳を過ぎたあたりから始めたもので、本当にポチがそれをほめ言葉だと思っているか疑問です。



それでも、最近は車のクレートに素直に入ったときや、首輪を付けたときにも「よしよし」と言うようにしています。

ただ、他の飼い主の方に比べると、ほめる回数はまだまだ少ないように思います。

また、同時に撫でるということはしていません。



2歳を過ぎてから、ポチは体を撫でられると喜ぶようになりました。

ですから、ほめるときに本当は撫でることもしないといけませんよね。

飼い主さんが大きな声でほめたり、おおげさなほど体を撫でてほめたりする姿を、ドッグランでよく見かけます。女性の飼い主がほとんどですが。


「あんな風に上手にほめることができるなんて、すごい」といつも思っています。



僕も大げさなくらいにポチをほめることができるよう、少しがんばってみたいと思います。


ちょっと恥ずかしいですが…。


2015022401
今日のポチ。散歩のあとで機嫌はすごくいいようです

2015022402
ポチは僕にもっとたくさん、ほめられたいと思っているのでしょうか?



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 日が長くなり、夕方5時半でもドッグランはまだ明るいです | トップページ | 高齢犬が53.4%を占めるそうです »

02-しつけ」カテゴリの記事

コメント

ひげぼうずさん、おはようございます。

ほめるタイミング、確かに難しいですね。
2秒以内に褒めないと犬は何に対して褒められたのかわからない、
と言われたことがあります。

ただ別の記事で犬は人間との古い付き合いの中で、
人間の表情を見抜く力があるともありました。

共有する時間やイベントをたくさん作って
一緒に笑ったりしていれば良い子に育つような気がします。

しつけとなるとそれだけではダメなのかもしれませんが・・・

投稿: ぺー | 2015年2月25日 (水) 09時50分

人間への理解度は育て方で変わると思います

ブログを読む限りではポチくんとひげぼうずさんは、その辺の阿吽が出来ているのではないでしょうか?
写真に写る笑顔はそう読み取れます
が、更に上を狙えるかはチャレンジあるのみです

褒められる事によるテンションUPと落ち着かせるを上手くコントロール出来るのが理想ですね

褒められるのが嬉しい関係なら良い関係だと思いますよ

投稿: ぽんきち | 2015年2月25日 (水) 10時11分

ぺーさん、こんにちは。

犬のしつけは一生続くといいますからね。

僕もしつけに関しては、いまだに悩んでいることがいっぱいあります。
ただ、以前よりは少しおおらかに考えるようにはしています。


ほめることもしつけの1つですが、こちらのほうが特に難しいです。
何とか言葉だけでできるようになりたいと思っているのですが…。。


確かに表情や態度は見抜かれているかもしれませんね。2歳を過ぎた
あたりからそれを強く感じるようになりました。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月25日 (水) 16時13分

ぽんきちさん、こんにちは。

そうですね。2歳を過ぎたあたりから徐々にポチは僕の態度が理解
できるようになった感じがします。

おそらく僕も、ポチの考えていることが、少しずつ分かってきたように
思います。


まだまだ2年半の付き合いですので、息が合うまではいかないですが、
ほめることがうれしいと感じるようにはなってほしいと思います。

おっしゃるように、落ち着かせることも大切ですので。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月25日 (水) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/61190553

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほめること」はやはり難しいですね:

« 日が長くなり、夕方5時半でもドッグランはまだ明るいです | トップページ | 高齢犬が53.4%を占めるそうです »