« 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) | トップページ | 早春の伊豆旅行 その5 伊豆の観光編 »

2015年2月15日 (日)

早春の伊豆旅行 その4 ペット同伴可の宿編(後編)

今日はとてもいい天気に恵まれました。

ですから、東北自動車道をのんびりとドライブし、埼玉県のとあるドッグランへ行ってきました。


初めて訪問するドッグランでしたが、とても楽しく過ごすことができました。

後日、詳細をご報告したいと思います。




さて、伊豆旅行記の第4回です。

今日は「ペット同伴可の宿編(後編)」です。


昨日は今回泊まったホテル「四季の蔵」の施設面をご紹介しましたが、今日は食事についてレポートしたいと思います。



今回のホテルの宿泊料は、1泊2食付きで一人約2万円です。

伊豆のペット同伴可の宿には1泊で3万円を超えるようなところもあり、それに比べるとこの施設で2万円はリーズナブルに思います。



しかし、1泊2食で一人1万円というのが観光地の標準的な宿泊代になっている昨今、やはり2万円は安くはありません。

ペットに優しい施設とサービスに対しての対価と思えばいいのですが、伊豆のこのような宿はさらに料理にこだわっているところが多いように思います。



一番最初に泊まった修善寺温泉の「絆」は、部屋出しの素敵な懐石料理のコースが出されました。

また、前回この宿に泊まったときは、宿から少し離れたところにある食事処で、やはりかなり豪華な和食のコースをいただきました。


2013冬の伊豆旅行 その3 夕食編
http://higebozu.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/2013-d4c5.html



そして、今回ですが…。


宿を予約するときに、「食事のアップグレード無料プラン」があったので、迷わずこのプランを選びました。

このホテルのイタリア料理のシェフが交替し、その記念で4000円分のアップグレード料金が無料になるというものでした。



期待の夕食は18時にスタートしました。

この宿は和食かこのイタリアンの夕食のどちらかを選択できるのですが、この日は6組にうち5組がイタリアンを選択したようです。

やはり無料アップグレードの魅力は大きいですよね。



5組の中で3組はチワワやトイプーなどの小型犬の客で、膝の上に乗せたりペット用の椅子に座らせての食事になりました。

ゴールデンレトリバー連れの客が1組いたのですが、あまりこのような場所になれていないワンちゃんのようで、吠え続けてしまったので途中で部屋のほうで留守番となりました。

ポチに向かって吠えているようなので、飼い主さんは「申し訳ありません」と恐縮されていました。



ポチは最初、そのゴールデンと遊びたそうな仕草を見せていましたが、その後はテーブルの下でおとなしくしていました。

宿泊を重ねるごとに、ポチはこのような場所ではおとなしくなっているように思います。




さて、肝心の食事ですが、下の写真のようにいずれも手の込んだ素敵な料理をいただくことができました。

アップグレードされたのは、伊勢エビと牛肉、そしてドルチェのようです。


ワインの種類も多くボトルで頼まれる客が多かったのですが、我々はグランワインにしました。

そのぶん、ビールなどをいっぱい買い込んできたので、酒は部屋でゆっくりと楽しみました(庶民ですね)。



料理は運ばれてくるのも実にゆったりとしていて、食事を終えたのは1時間半後でした。

どれも美味しくて、大満足の夕食でした。




朝食もとても素敵でした。

前回もワンプレートながらもとてもおいしい料理だったのですが、今回は料理の数が増えてしました。


シェフが変わったためでしょうか。しかし、今回の料理も洗練されていてすごくおいしかったです。

パンの種類も多くて、おかわりを何度もしてしまいました。



最初に述べたように、1泊で2万円というのはかなり高いように思いますが、この料理をいただけただけでも元は取れたように思います。(元を取るというはいかにも庶民的ですが…)


たまにはこんな素敵な宿、そして料理で非日常を味わうのもいいですね。

そして、何よりもポチが快適に過ごすことができたのが一番です。



ぜひ、また訪れてみたいですね。


→その5(最終回)へ続く


2015021501
ホテルの中にあるダイニングルームでのポチ。今回もおとなしくしていました

2015021502
この日の夕食のメニューです

2015021503
コースは「シェフからの贈り物」というバーニャカウダからスタートです。
どの野菜もとてもおいしかったです

2015021504
その後に出された料理の数々。どれも洗練されていて、味もよかったです

2015021505
途中、ポチのために頼んだ夕食が運ばれてきました。
夕食は豚肉、朝食は鶏肉を頼みました

2015021506
肉だけの食事なんてめったにないので、ポチは大喜びでした

2015021507
メインの伊勢エビのフリカッセ。ソースの味が絶妙でした

2015021508
静岡あしたか牛のサーロインステーキ。
僕は静岡県生まれですが、「あしたか牛」というのは初めて知りました

2015021509
デザートもとてもおいしかったです

2015021510
おとなしくしていたポチは、こんなごほうびをいただきました

2015021511
朝食は手作りフレッシュジュースとヨーグルトからスタート

2015021512
おしいものがいっぱい乗ったワンプレートの料理です

2015021513
シジミの野菜スープも絶品でした



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) | トップページ | 早春の伊豆旅行 その5 伊豆の観光編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ひげぼうずざん、こんばんは。

私も今年中にポンタをつれて旅行を考えているので、こちらの宿、参考にさせていただきます。

ポチくん用の食事、シンプルでいいですねhappy02
凝った食事だと、うちのポンタは警戒して食べなそうなので、私はこのくらいシンプルなほうがありがたいです。

ポチくん、旅行にだいぶ慣れてきましたね。

ご褒美クッキーを貰えるように、旅行前にドッグカフェでおとなしくする練習をしようかと考え中です。

投稿: ポンタママ | 2015年2月16日 (月) 21時45分

ポンタママさん、こんばんは。

伊豆にはペットに優しい宿はたくさんありますが、ここはお勧めの
宿の1つです。

ただ、部屋の中でのそそうやマーキングがご心配でしたら、「絆」の
ようにさらにペットに寛容な宿のほうがいいかもしれませんね。


うちはホテルが最初で、そのあとにドッグカフェにデビューしたのですが、
雰囲気になれるためには、ドッグカフェで練習しておいたほうがいい
かもしれませんね。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月17日 (火) 00時18分

生まれ育った人には当たり前かもしれませんが、静岡は本当に食べ物がおいしくていい所ですよね〜
魚介類が大好きな私は、温泉旅行といえ静岡が一番です(((o(*゚▽゚*)o)))

宿代も、都内で同じようなイタリアンのコースを食べたら一万ぐらいはしますし、そう考えれば二万も納得ですよね。

人間だけの宿なら安くていい所もたくさんありますが、こうやって愛犬と旅行できるのもあと10年ぐらいなんだ…と思うと、置いて行くことはできませんよね。

我が家は、来月ぽんちゃんを連れて四国に帰省する予定です♪

投稿: イッコーの嫁 | 2015年2月17日 (火) 14時31分

イッコーの嫁さん、こんばんは。

そうですね、静岡、特に伊豆は海の幸や温泉が楽しめるし、犬に
優しい宿も多くて、愛犬家にとっては魅力的な所ですよね。

確かに、夕食、朝食で1万円の食事と考えると、納得の料金かも
知れませんね。犬関連の施設も充実していますし。


先月の四国旅行では香川県には行けませんでしたが、次回はぜひ
訪れてみたいですね。

気をつけて帰省を! ぽんちゃんにも楽しい旅になりますように。

投稿: ひげぼうず | 2015年2月18日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/61144754

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の伊豆旅行 その4 ペット同伴可の宿編(後編):

« 早春の伊豆旅行 その3 ペット同伴可の宿編(前編) | トップページ | 早春の伊豆旅行 その5 伊豆の観光編 »