« 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 | トップページ | 川越市で素敵な新規のドッグランを開拓! »

2014年12月28日 (日)

静岡の実家への1泊旅行 その4 ハプニング&まとめ編

今年も残り4日になりました。

あっという間に年末になってしまったという感じです。


先日、ポチのシャンプー(爪切り&肛門腺絞りも)をお願いしようとペットサロンに電話したのですが、年内はすでに予約でいっぱいとのこと。

もっと早く連絡しておくべきだと、ちょっと後悔しました。


ポチのシャンプーは年明けにお願いすることになりました。




さて、今日は旅行記の最終回です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


過去3回は以下のような記事でした。

静岡の実家への1泊旅行  その1 実家編

静岡の実家への1泊旅行  その2 コテージ編

静岡の実家への1泊旅行  その3 ドッグラン・ドッグカフェ編



今年は4月の軽井沢旅行に始まり、今回の静岡県への旅行まで、ポチとは計6回の泊まりの旅行を行いました。

よくこんなに沢山、旅行へいったんだと、自分でもちょっと驚いています。


これだけ多く旅行へいくと、トラブルやハプニングも起こるものですが、不思議と目立ったものはありませんでした。



しかし、今回の旅行では、ちょっとだけハプニングがありました。


まずは、宿(休暇村 伊良湖)に泊まった日の夜が、とても風が強かったことです。

ドッグランの扉が壊れ、ベンチがひっくり返るほどの強い風でした。


風の音はコテージの中にいても大きく響き、強い風が吹く度にポチは天井のほうを見ていました。

慣れない宿の部屋で少しナーバスになっていた上に、この風の音です。



そのせいか、朝の4時ころにポチは「クンクン」と鳴き始めました。

いつもならすぐに鳴きやむのですが、ずっと鳴き続けていました。


もしかしたらトレイなのかなと思い、外へ連れ出しました。

予想通り、ポチはオシッコをしました。


そして、その後はポチは再び静かに寝ていました。

やはりちょっと神経質になっていたようです。



そして、もう1つのハプニングは、ドッグランから逸走してしまったことです。


ここのドッグランの扉は1つだけで、金具で留めるものなのですが、閉めたはずの扉が強い風で開いてしまったのです。

ポチは勢いよくドッグランの外に飛び出し、付近を走り始めました。



どこか遠くへ行くことはないと思いながらも、何度名前を呼んでもポチはなかなか戻ってきません。

僕の見える範囲で走り回っているのですが、結構遠いところまで走っていきました。


しばらくすると走り疲れたのでしょうか。僕の近くへ戻ってきました。

ひと安心です。


風の仕業とはいえ、ドッグランの扉のことはもう少し用心すべきでした。



それ以外は、今回の旅行も無事に終えることができました。

ドッグランも計4箇所行き、ポチも思いっきり走ることができたと思います。


また、2日間、ずっと一緒にいたことにより、ポチとの絆もさらに深くなったように思います。




ところで、今回の旅は、実家へ帰ることが目的でした。

実は母の痴呆が進んでいて、12月に実家近くの施設に入所することになったのです(体のほうは丈夫なのですが)。

僕は施設を訪れ担当者の方に挨拶し、母のことをお願いしてきました。


僕が帰省した日は、母は数日ぶりに弟とともに実家へ帰っていました。

母はポチのことを覚えていましたが、何度も「ゴンタ」と前に飼っていた犬の名前で呼んでいました。


弟は「ポチだよ」と何度も言ってくれましたが、母はずっと「ゴンタ」と呼んでいました。

けど、ポチと遊んでいるときの表情はとても楽しそうでした。笑い声もいっぱい出ました。



今回はちょっとほろ苦い帰省になりましたが、来年も時間を作ってポチを母に会わせいと思います。

ペットの力ってすごいなあと改めて思いました。



2014122801
強い風で大きいほうのドッグランの扉は壊れ、ベンチもひっくり返っていました

2014122802
ドッグランの外へ飛び出してしまったポチ。
すぐに戻ってくるものと、写真を撮る余裕もあったのですが…

2014122804
僕がトイレに行っている間など、ポチをちょっとだけつなぐことはありましたが、
吠えることもなく静かにしていました。ずいぶん大人になったと思いました

2014122805
ドッグカフェでもとてもおとなしくしていました。しかし、外へ出た瞬間、
僕の足にマウンティングしてきました。やはり我慢していたようです

2014122806
ドッグランでは今回の旅でも生き生きとしていました

2014122807
東京に帰る途中に、「駿河湾沼津SA」のドッグランへ寄りました。祝日の午後なのに
1頭の犬もいませんでした。ポチは台に乗ったので、いつものように記念撮影!



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 | トップページ | 川越市で素敵な新規のドッグランを開拓! »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ペットの力・・・。

ポチくんとゴンタそしてひげぼうずさんの家族と繋がっていますからね。

まあひげぼうずさんとポチくんの名コンビあればこそでしょうけど^^;。

投稿: Hikaru Larimal | 2014年12月29日 (月) 00時19分

Hikaru Larimalさん、こんにちは。

犬好きの母は、ポチと本当に無邪気に遊んでいました。

犬の名前をすぐに忘れ、僕のことを兄弟だと施設の人に紹介する
ほど痴呆が進んでいる母ですが、ポチと一緒のときの楽しそうな
表情を見ると、また近いうちにポチに会わせたくなりました。

投稿: ひげぼうず | 2014年12月29日 (月) 16時10分

お母様のこと、おつらいでしょうね。
主人の母も痴呆で施設に入所していたのですが、
いろんなことが、わからなくなってしまっていても
今、この一瞬が楽しく、幸せであったらいいと思い
会いに行ってました。ヒゲ坊主さんも、お忙しいでしょうが、
ポチくんと一緒に会いに行って下さい。
それにしても、ドックランの入り口が壊れるとは❗️
わんだだったら、バイバ〜イまたね❗️で簡単には戻ってこないですよ。
ポチ君はお利口ですね。

投稿: わんだ | 2014年12月29日 (月) 20時37分

わんださん、こんばんは。

どうもありがとうございます。

ドッグセラピーは認知症の改善に効果があるといわれていますから、
今後も母にポチを会わせに行きたいと思います。

ドッグランの逸走の件ですが、おそらくポチは遠くに行くという
勇気はないじゃないかと思います。僕が見える範囲でちょっとだけ
自由に遊んでいるように思えました。

投稿: ひげぼうず | 2014年12月30日 (火) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡の実家への1泊旅行 その4 ハプニング&まとめ編:

« 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 | トップページ | 川越市で素敵な新規のドッグランを開拓! »