« 静岡の実家への1泊旅行 その1 実家編 | トップページ | 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 »

2014年12月26日 (金)

静岡の実家への1泊旅行 その2 コテージ編

今日は12/26の金曜日です。本日で仕事納めという方も多いのではないでしょうか?

そして、明日から9連休という方もいらっしゃると思います。


僕は明日は休みですが、日・月と仕事で12/30から休むことができます。

明日の休みですが、ポチをどこかへ連れていきたいですね。




さて、旅行記の第2回です。

今回も前回と同じように、実家ではなく、近くのペット同伴可の宿に泊まりました。



前回は「ペロはまなこ」というペンションに泊まりました。
http://higebozu.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/2part1-adb4.html

実家から車で20分と近いし、部屋の施設や料理もとても素敵でした。

部屋も空きがあったのですが、新し物好きの僕としては、新規の宿を開拓しようと前々から思っていました。



そして、見つけたのが「休暇村 伊良湖」というところです。

自宅から車でちょうど1時間ほどの、愛知県田原市にある宿です。



「休暇村」というと昔の「国民休暇村」を連想させ、僕の中ではあまりイメージは良くなかったのですが、最近は民間の宿と同じように、施設やサービスも格段に良くなっているようです。

この「伊良湖」(いらこ)の休暇村も、広い敷地の中に、宿泊施設のほかにテニスコートや体育館などさまざまな施設があります。

緑が多いので、犬を散歩させるコースにも困りません。



しかも、コテージが20棟あり、その中のいくつかは犬も一緒に泊まることができるのです。


コテージの中は下の写真のように、キッチンも付いていて長期滞在もできるようになっています。

インテリアやアメニティはとてもシンプルで、このあたりは「休暇村」という感じがしますが、男の一人旅には十分です。

また、リビング・ダイニング、和室の広さも十分で、特に寝室となった和室は10畳もあり、一人で寝るには広すぎるほどでした。



そして、コテージの目の前には大・小のドッグランもあります。

コテージの外でほかのワンちゃんの姿も見かけたのですが、宿泊当日や翌朝もドッグランは貸切状態でした。



料理のほうは夜・朝ともバイキングスタイルでした。

伊豆のペット同伴可の宿などでは、一流の料亭やレストランにも劣らない料理を出すところがあります。

それもいいのですが、今回のような一人旅ではこのバイキングのほうが気軽に楽しむことができます。


しかも、おおあさりやマグロの刺身など、地元で獲れる食材を使った料理も豊富に用意され、味のほうもかなり良かったと思います。

朝のバイキングのほうも地元の料理が豊富で、シティホテルとは違った味わいがありました。



予約はWebサイトから行ったのですが、そこでは最少で2人1組での申込しかできませんでした。

「こんなに広いコテージで、2人分で18,000円。休暇村だからシングルユースはないのは仕方ないか」と思い、2人ぶんの料金を払うつもりでいました。


しかし、Webで申し込んだあとに、食事は一人分でいいと電話すると、宿泊代も1万300円でよいとのことでした。



このコテージに、この料理、そしてシングルユースで1万300円とは安すぎです。しかも、犬の料金もかかりません。

さらに、12/22は祝前日だったのですが、平日料金の設定でした。超ラッキーでした。


実家からは少し遠く、また温泉もありませんが、この施設、このサービス、そしてこの料金はとても魅力的です。

一人旅でもいいですが、部屋が広いので家族連れにも最適の宿だと思います。



ポチはというと…。

広いリビング・ダイニングに最初はウロウロとして落ち着きがなかったのですが、30分もするとソファに乗って丸まっていました。

夜も宿に用意してあるケージの中で静かに寝ていました。


そして、ドッグランでは、他にワンちゃんがいなくても走り回っていました。



ポチにとっても快適な宿だったと思います。


→その3へ続く


2014122601
ここが「休暇村 伊良湖」の本館。食事はこの中でレストランで

2014122602
これが僕らが泊まったコテージ。駐車スペースもすぐ前にあります

2014122603
シンプルなインテリアのリビングルーム。ソファは犬が乗ってもOKです

2014122604
キッチンも付いたダイニングスペース

2014122605
10畳の和室。押し入れに入っている布団を敷いて寝ました

2014122606
洗面所、浴室も十分な広さ。結局、お風呂場は使いませんでした

2014122607
玄関ホールには、ケージやトイレトレイ、ウンチ捨て用のゴミ箱が用意されていました

2014122608
バイキング形式の夕食。地元の料理が豊富に揃っていました。
デザートやソフトドリンクも充実していました

2014122609
朝食も充実していました。どれもとても美味しかったです

2014122610_2
大浴場は温泉ではありませんでしたが、「薬湯」「炭酸泉」などのお風呂があり、
とても快適でした。体の芯まで温まりました

2014122611
ポチは最初、初めての場所&広さに慣れなかったのですが、
徐々に落ち着いてきました

2014122612
しばらくすると、ソファに上がりリラックスした体勢になりました

2014122613
貸切状態のドッグランで走り回るポチ



犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下のポチの画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

|

« 静岡の実家への1泊旅行 その1 実家編 | トップページ | 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりデス。伊良湖にいらしたんですね。
我が家も車で1時間ほどの所にすんでいるんで、そこには
2度ほど宿泊しました。いいところですよね。
近くの恋路ヶ浜で、みごとに10月だというのにダイブしてしまいました(^∇^)
ただ、わんだは慣れないところはなかなか
眠れないらしく、夜中に何度もウロウロしてしまいました。
意外に神経質みたいです。
また、あの貸し切りの(私たちの時もそうでした)
ドッグランで、ポチくんに遊んでもらいたいなぁ。

投稿: わんだ | 2014年12月26日 (金) 22時43分

こんばんは。

静岡旅行記、楽しみにしていました(*^_^*)♪

ポチくん、御実家でもご機嫌だった御様子で・・・♪
大の動物嫌いだった私の母が、実家に1匹見せに行き・・2匹見せに行き・・・3匹見せに行った結果(笑)、今や普通に3パピを可愛がってくれるようになったことを思い出しました。
ひげぼうずさんと可愛い愛犬ポチ君の御帰省、ご家族も2倍3倍に嬉しくお感じになったことでしょうね。

それにしてもお宿の広いこと!
ペットにも優しく、まさに至れり尽くせり!!
"休暇村"と言うことは存じ上げませんでしたが、そちら方面に旅行に行く際には是非チェックしてみたいと思います。

旅行記の続き、楽しみにしています。

投稿: ミサ | 2014年12月26日 (金) 22時48分

わんださん、こんばんは。

2度も行かれているのですね。ここは安くて、広くて、本当にいい
ですよね。

広すぎて、うちも慣れるまでちょっと時間がかかりましたが…。

犬が泊まれるコテージは数棟だと思うのですが、それであのドッグランは
贅沢だと思いました。


恋路ヶ浜ではないのですが、うちも近くの砂浜で遊びました。

投稿: ひげぼうず | 2014年12月27日 (土) 22時04分

ミサさん、こんばんは。

やはりペットは可愛いものですよね。きっとお母様も可愛いパピヨン
ちゃんたちを見て心境も変わっていったのでしょうね。

今回は宿は決しておしゃれではないのですが、部屋は広くて、何と
いっても格安なところが魅力です。

ぜひチェックしてみてください。

投稿: ひげぼうず | 2014年12月27日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡の実家への1泊旅行 その2 コテージ編:

« 静岡の実家への1泊旅行 その1 実家編 | トップページ | 静岡の実家への1泊旅行 その3 ドッグラン・ドッグカフェ編 »