« 犬用食器の「ヌメリ」の取り方は? | トップページ | ポチと遊園地の観覧車に乗りました »

2014年6月26日 (木)

人も犬も、幸せな第二の人生がおくれるホーム

昨日のゲリラ豪雨はすごかったようです。

埼玉の朝霞市では1時間に110ミリの猛烈な雨となり、周辺地区では
冠水した道路や住宅も出たようです。


新宿でも午後、一時的に雷雨となり、かなり強い雨が降りました。

ちょうどその時間、新宿駅近くの銀行にいたのですが、30分ほど
「ビックロ」で雨宿りをしました。



夜の散歩も小雨が降っていたので、僕はレインウェアを着たのですが、
途中から雨はすっかりと上がりました。

いつもように新宿イーストサイドスクエアへ行ったのですが、そこで
会ったビーグルにポチは興奮してしまい、リードが僕の手から離れて
しまいました。


興奮していないときはすぐに僕の元に戻ってくるのですが、昨晩は
3分近く芝生の中を走り回っていました。

一瞬、焦りましたが、ポチは遠くに行くことはなく、近くを全速力で
走っていました。「シバ500」のように。

何とかオヤツを見せてリードをつかむことができたのですが、気の
緩みは禁物ですね。



さて、Webに興味深い記事が。

人も犬も猫も。幸せな第二の人生がおくれる特別養護老人ホームとは


横須賀にある老人ホーム「さくらの里 山科」では、10戸単位になって
いるユニットの中に、犬や猫を一緒に同居できるところがあるという
のです。


老人ホームではペット不可のところがほとんどで、ここは大変珍しい
ところのようです。そのためか、189人ほどの入居待ちがいるそうです。

ここは“高齢者が入居前の「普通の生活」を続けられる施設”という
目標のもとに運営されているそうです。

動物保護にも積極的で、保護団体から引き取られてたペットに関しては
えさ代、医療費は施設の持ち出しとなるそうです(入居者が連れてきた
ペットのえさ代などは入居者負担)。


大切な動物を手放さなくてすむと安心する人や、もう年齢だから飼え
ないと諦めていたのに最後に動物と暮らせると喜ぶ人など、入居者の
反応はとても良いそうです。

そして、“動物とともに暮らすことで、高齢者が元気になる”とスタッフ
の声も紹介されています。



僕がこのような施設の世話になるのは、もうちょっと先になりそう
ですが、こんな夢のような施設があるのはとても心強いです。


今後、このような施設がどんどん増えていってほしいですね。そして
行政もぜひ力を入れてほしいです。

「福祉の充実」のためには、このようなことにも気を配ってほしい
ものですね。


2014062601
今日のポチ。今夜も約2時間の散歩を楽しみました。
「お前とはここでずっと一緒だよ」と思わず話しかけてしまいました

|

« 犬用食器の「ヌメリ」の取り方は? | トップページ | ポチと遊園地の観覧車に乗りました »

10-ごあいさつ・雑記」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。フクスケです。

東京はゲリラ豪雨で大変ですね。反対に倉敷は
空梅雨です。散歩には困りませんが、農家の方は
大変です。

さて、動物とともに暮らすことで、高齢者が元気になる!とはまさにその通り。
先日、父の日に入院している父も元へフクスケを連れて
行ったところ、その日を境に父は急に調子がよくなり
あさって、70日振りに退院することになりました。
「フクスケの顔を見たら元気がでたsign03」そうです。心不全なので今後も心配ですが、昼間フクスケが
面倒を見てくれそうです 笑
わたしも、老後はフクスケと一緒に暮らせる施設に入り
たいな~heart04
いつまでも健康で長生きしないといけませんね。

投稿: フクスケ | 2014年6月27日 (金) 09時15分

フクスケさん、こんにちは。

場所によって雨の振り方も全然違うようですね。確かに雨が少ない
というのも、ちょっと困りますよね。

ペットセラピーというのは、欧米では日本よりも進んでいるといいます。
やはり高齢者の方にも効果があるようですね。日本でももっと普及
してほしいと思います。

お父さんの退院、おめでとうございます。フクスケちゃん、大活躍
でしたね。すごいです!

投稿: ひげぼうず | 2014年6月27日 (金) 10時17分

こんにちは。

昨日は生の(笑)ポチくんに会えて嬉しかったです。
物凄く美形で手入れされているポチくんに対し、ボサボサの2パピでお恥ずかしい限りですが・・・(全て親を玩具にするベビートのせいです(笑)。)、またお会いした時には宜しくお願いします。

ところで、私のブログに写真を乗せてしまったのですが、宜しかったでしょうか。(事後報告でごめんなさい。)

変わりやすいお天気ですから、昨日の様な過ごし易い夜が少しでも多いと良いですね。

投稿: ミサ | 2014年6月27日 (金) 11時28分

はじめまして(^_^)/
あまりにも感激したので、コメント入れさせて頂きます!
こんな素敵な施設があるんですねぇ~ヽ(^。^)ノ
私はまだ年齢的には必要な場所ではありませんが…。
もし病気や怪我で自宅に居られなくなってしまった時には、こういうペット同伴で入院できる施設があって欲しい…と常日頃、思っておりました!
最近はペットと一緒に入れるレストランやカフェ…そして、お墓も増えてきましたよね!
もっともっと『ペットは家族』という事が広まって、どこでも一緒に過ごせる…そんな世の中になって欲しいものです。素敵なお話の記事を載せて頂き有難うございました!

投稿: じゅんじゅん | 2014年6月27日 (金) 21時01分

ミサさん、こんばんは。

昨日はどうも失礼しました。急に声をかけてしまい申し訳ありませんでした。

でも、すぐに分かりました。2ワンズは小さくて、そして愛らしい表情を
していて、とても可愛かったです。散歩デビューしたら、ぜひベビート
ちゃんにもお会いしたいです。

写真ですが、こんな何の取り柄もないポチですので、どんどん使って
やってください。

昨晩くらい涼しいと、散歩も快適ですよね。

投稿: ひげぼうず | 2014年6月27日 (金) 21時50分

じゅんじゅんさん、はじめまして。

僕もこの記事を読んだときは、「こんなところもあるんだ」と
ビックリしました。そして、何かとてもうれしく思いました。

まさにペットも家族ですよね。このような施設がもっともっと
増えてほしいものです。

今後もブログのほう、よろしくお願いします。

投稿: ひげぼうず | 2014年6月27日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬用食器の「ヌメリ」の取り方は? | トップページ | ポチと遊園地の観覧車に乗りました »