« 茨城「一組だけのお宿」への旅 その1 客室編 | トップページ | 茨城「一組だけのお宿」への旅 その3 散歩&まとめ編 »

2014年6月 3日 (火)

茨城「一組だけのお宿」への旅 その2 食事編

昨日、仕事を休んだおかげで、今日は猛烈に忙しかったです。

休日を楽しんだあとはいつもこうなのですが、急に現実に引き戻さ
れた感じです。一昨日から昨日にかけての旅行なのに、すでに遙か
昔のことのようです。



さて、昨日の「その1 客室編」に引き続いて、茨城県鉾田市にある
一日「一組だけのお宿」、「すいへいせん」の宿泊体験記です。


この宿は、オーナーの方も同じ建物に暮らしているようですので、
言い方を変えれば「民宿」ともいえます。

ただ、同じ場所で食事をしたり、お風呂やトレイが一緒というわけ
ではなく、それらは完全に分かれていて、1つの建物の中に宿と
自宅があるような造りになっています。


今回は会うことはできませんでしたが、リビングルームの反対の部屋
には愛犬(ラブラドール)が3頭いるようです。少しだけ吠える声が
聞こえました。

どうやら高齢で足腰も弱っているとのこと。なので、宿泊客の犬
とも会わないようにしているようです。



そして、食堂も宿泊客専用になっています。広々とした空間に2つの
テーブルがあり、大きいほうがメインのダイニングテーブルになります。

ここからも海がとてもきれいに見えます。



夕食は18時30分から。この時期はまだ空が明るいので、海もよく見えます。

食前酒から始まり、最後のデザート、コーヒーまで、一品一品給仕され
ます。

隣りが厨房のようで、料理もまさに出来たてのものが出されます。
この日は僕一人の客だったので、まさにこの素敵な空間と雰囲気、
そして食事を独り占めです。

食事の内容は以下の写真をご覧ください。



料理人の経験があるかどうかは聞き忘れましたが、ご主人曰く「年々
料理も腕も上がってきていると思います」とか。

料理は素材の良さを生かしたもので、地元の魚、肉、そして野菜が
タイミング良く出されます。

男性の僕がお腹いっぱいになるくらいなので、品数の多さもさること
ながら、一品一品の量もとても多かったです。




朝食のほうですが、こちらは一度にすべての料理が出されましたが、
やはり品数が多く、しかもすべてとても美味しかったです。

特にアサリの味噌汁と卵焼きが絶品でした。


料理の量は夕食同様にとても多く、ごはんをお替わりをすると料理を
完食できなく怖れがあるので、僕は1杯だけにしました。

それは正解でした。朝食もお腹いっぱいになりました。

食後にはおいしいコーヒーもいただきました。



僕は8時に朝食をいただいたのですが、希望により何時にすること
ことも可能だとか。ちなみにチェックアウトは11時です。

部屋も素晴らしかったですが、食事も完璧というくらいとても素敵
でした。

この料理を食べられたただけでも、この宿に来た甲斐がありました。


この食堂は犬同伴でも大丈夫なのですが、ポチは木の椅子がお気に
入りの様子で、脚の部分をかじろうとしたのです。

なので、今回の食事のときはクレートの中で留守番させました。


まだまだ子どものポチです。ちゃんとしつけなくてはいけないですね。


→その3 散歩&まとめ編へ続く


2014060301
部屋に通されると、ウエルカムドリンクとスイーツが出ました

2014060302
食堂。真ん中は小さいほうのテーブル。メインは僕一人で使いました

2014060303
食前酒と先付け。素材の良さが生かされた調理法です

2014060304
とても新鮮な刺身の盛り合わせ

2014060305_2
ヒラメのムニエル。ふっくらとしていて、めちゃくちゃ美味しかったです

2014060306
口直しの冷製トマト。こちらも素材の良さが引き出されていて、すごくうまかったです

2014060307
肉は地元の常陸牛のステーキ。これも絶品です

2014060308
締めはそばに自家製の黒豆(?)のおこわ

2014060309
デザートは今が旬のメロン1/2個。鉾田市はメロンの生産地として有名ですが
これはその中でも糖度が高い高級品だとか


2014060310_2
こちらは朝食。種類も多いですが、どれもとても美味しかったです

2014060311
アサリの味噌汁と奥に見える卵焼きが絶品でした

2014060312_2
最初はポチも食堂に連れていったのですが、途中でクレートに入れました

2014060313
クレートの中で静かにしているポチ

|

« 茨城「一組だけのお宿」への旅 その1 客室編 | トップページ | 茨城「一組だけのお宿」への旅 その3 散歩&まとめ編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

再びです。はい、茨城在住です。
鉾田は海とか日帰り温泉に行くくらいですかね。洒落た宿もあるんですね。料理豪華ぢゃないですか‼︎ 常陸ぎうおいしそです。茨城にいても滅多に頂けませんからね。
ポっちゃん(あ、すみません)も、おおいに楽しんだ事でしょう❗️
ご主人様と一緒が何よりも嬉しいんですから。

投稿: けいちく | 2014年6月 4日 (水) 18時12分

いいですねぇ~><
うらやましいっ!
私も旅したいなぁ…。
その3も楽しみにしてます^^

投稿: ささまる | 2014年6月 4日 (水) 18時46分

けいちくさん、こんばんは。

常陸牛ですが、宿のご主人も地元ではなかなか手に入らないと
言っていました。大半が東京へ直接、送られてしまうようです。

今回いただいたのは、ランクが高い高級なものでした。サシも
くどい感じではなく、甘さが感じられました。

茨城は、いい食材の宝庫だと思いました。

投稿: ひげぼうず | 2014年6月 4日 (水) 23時41分

ささまるさん、こんばんは。

そうですね。やはり旅行へ行くと、ずっと一緒なので絆もさらに
深まると思います。

あと、ふだん知らない愛犬の行動も、旅に出ると分かります。

ぜひマルコちゃんとも、素敵な旅を!

投稿: ひげぼうず | 2014年6月 4日 (水) 23時43分

あー、もお!飛んで行きたいくらいおいしそうっ!
旅好きのひげぼうずさんと暮らせてポチは本当に幸せですね。
ポチくんはうちの恭ちゃんと気が合いそうなので
いつか是非代々木公園で会わせてあげたいです。

投稿: ミシェル | 2014年6月 6日 (金) 10時40分

ミシェルさん、こんにちは。

僕が旅好きなので、ポチも付き合ってもらっているという感じです。
柴犬は好奇心旺盛なので、ポチにとっても結構楽しいのではないかと
勝手に思っています。

最近は日曜日の夕方に代々木公園のドッグランに行くことが多いですね。
いつかお会いできるといいですね。

投稿: ひげぼうず | 2014年6月 6日 (金) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城「一組だけのお宿」への旅 その1 客室編 | トップページ | 茨城「一組だけのお宿」への旅 その3 散歩&まとめ編 »