« やはり「尻尾フリフリ」はうれしいものですね | トップページ | 神奈川県に初進出!新規開拓の天然芝ドッグラン »

2014年1月20日 (月)

何度見ても泣いてしまう「犬が主役」のCM

今日は一年中で一番寒いという「大寒」です。

確かに今日の朝の東京はとても寒かったです。ただ、昨日より風が
弱かったので、体感温度はそんなに低くはなかったです。

なので、3日ぶりの朝の散歩も比較的快適でした。



さて、出張中にテレビを見ていて、あるCMが僕のハートを撃ち抜き
ました!?

それは、犬が主人公のハウスメーカーのCMです。

このシリーズには、柴犬のCMもありとても微笑ましく見ていたのですが、
今回はさらに鮮烈でした。

ここからそのCMを見ることができますが、さらにメーカーのサイト
にはフルバージョンを視聴できます。

(うまく視聴できない場合は「積水ハウス CM」で検索し、「少年と
犬」篇をご覧ください)



僕はネットにアップされていたこの動画を見て、思わず涙がこぼれて
しまいました。

ちょうど出張中で、ポチと離れ離れになっているときだったので、
涙腺がいつもよりゆるんでいたせいもありますが、とにかく何度見ても
感動ものでした。

犬との絆って、本当に強いものだと改めて感じました。


CMでは少年の成長とともに、ゴールデンの子犬も大きくなっていく
のですが、CMのわずかな時間の中に彼らの絆の強さが描かれていて、
胸を打つものがあります。

そして、何よりもゴールデンの表情と仕草が泣かせますね。



僕も何年後かに、ポチとこのような関係になっているといいなあ
という憧れもありますね。

愛犬との関係って、やはりいいものですね。


2014012001
今日のポチ。久しぶりに骨ガムをあげました

2014012002
「いつかはCMのような関係になれるといいあ」とポチに語りかけてしまいました

|

« やはり「尻尾フリフリ」はうれしいものですね | トップページ | 神奈川県に初進出!新規開拓の天然芝ドッグラン »

10-ごあいさつ・雑記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
このCMは初見でしたが、お兄ちゃんが大学に入って家を出るあたりからあやしくなった涙腺が、ひとり家で待っているワンコの様子を見たとたん決壊。

犬の時間は人のそれよりも早く過ぎていくものだから、一緒にいられる時間を大切にしたいですね。


投稿: ろみきち | 2014年1月21日 (火) 00時29分

ろみきちさん、こんばんは。

ロングバージョンのほうが、より感動も大きいですよね。

確かに、家を出ていった青年の机を見ているゴールデンの背中の
シーンだけでも泣けてきます。

まさにドッグイヤーですよね。青年の年齢を考えると、ゴールデン
はもういい歳かもしれませんね。それを考えると、また泣けて
きますね。

投稿: ひげぼうず | 2014年1月21日 (火) 01時03分

お久しぶりです。いつも、楽しく拝見させて
もらってます。泣けました!そして、
いつも我儘いっぱい、いたずらし放題のわが家の
わんだの事が愛おしくてたまらないです。
わが家には成人になった三人の子供がいます。
わんだは四人目の子ども?として大切にして
いきたいと思いました。ありがとうございました。
素敵な動画を教えてくださって!

投稿: わんだ | 2014年1月21日 (火) 17時49分

はじめまして。同じく50代の柴飼いです。いいCMですね。私が小学生のときにはじめて飼ってもらった初代の柴犬を思い出しました。
ひげぼうずさんは、「いぬのえいが」の「ねえ マリモ」や米国の作家モリスの「マイ・ドッグ・スキップ」なども気に入られると思います。「マイ・ドッグ・スキップ」も映画があるのですが、まずは小説がお勧めです。

投稿: アルルス | 2014年1月21日 (火) 22時49分

いいCMですね!!自分も就職の時に家をでてその時に飼っていたハスキーが、家を出て1年後に死んでしまったのを思い出しました。その時は、早朝から目が覚めてハスキーは元気かな~って物思いにふけっていたら電話がなって亡くなったことを知りました。
いっぱい、喧嘩したし、噛まれたこともありましたが、いつでも帰ってくると大喜びなハスキーでした。今も2代目ハスキーが実家で帰りを待ってくれていますけどね。
しかし、HEROは、柴の葵と宜しくやってるんですけどねww

投稿: HERO | 2014年1月22日 (水) 00時28分

わんださん、おはようございます。

やはり愛犬は家族の一員ですよね。まさに、我が子と同じだと
思います。

僕もポチは一人息子、というか大切なパートナーとして接して
います。

まだまだ、その気持ちが分からないことだらけで、ときどき
衝突してしまうこともありますが、それも家族の証拠かもしれませんね。

投稿: ひげぼうず | 2014年1月22日 (水) 10時25分

アルルスさん、はじめまして。

レイちゃん、もうすぐ6歳になる柴の女の子なのですね。
ぴょんぴょん跳ねている画像が多くて、元気良さそうな立派な柴犬
ですね。

お勧めの小説、映画、ぜひ拝見させていただきます。きっと
涙なしでは読んだり、見たりすることができなそうですね。

今後もよろしくお願いします。

投稿: ひげぼうず | 2014年1月22日 (水) 10時36分

HEROさん、おはようございます。

前のハスキーとはそんなことがあったのですね。大きさもこのCMの
ゴールデンと同じくらいでしょうから、いろいろな思いでCMをご覧
になったことでしょう。

いまは、実家にも、そして身近にもワンちゃんがいていいですね。
葵ちゃんも、HEROさんの愛情をたっぷりもらって幸せそうです。

うちの実家の母にも、今度帰省したら犬を飼うのを勧めてみようと
思っています。

投稿: ひげぼうず | 2014年1月22日 (水) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり「尻尾フリフリ」はうれしいものですね | トップページ | 神奈川県に初進出!新規開拓の天然芝ドッグラン »