« 大分・湯布院への旅行 その1 駐車場編 | トップページ | 大分・湯布院への旅行 その3 レンタカー編 »

2013年8月28日 (水)

大分・湯布院への旅行 その2 羽田空港搭乗編

大きな不安要素だった駐車場の問題も、何とか解決しそうだった
ので、かなり気は楽になりました。

しかし、ここから大きな難題が待ち受けていました。

それは、ポチを航空機に乗せて輸送するということです。



ブログでも書きましたが、ANAの「らくらくペット」サービスの詳細に
ついては何度も目を通しました。

けど、いざ本番となると不安がいっぱいです。



しかし、その前に駐車場で問題が起きました。

というか、すごく迷ったのです。


家から羽田空港までは、車での中でも少し大きめのクレートの中に
ポチを入れました。航空機にも積むことができる丈夫なクレートです。

しかし、ポチはその中でずっとごそごそとしていました。ふだんと
違うクレートだったので、違和感があったのかもしれません。

あと、中で自由に動き回れるくらいの大きさなので、安心感のような
ものもなかったのでしょう。

クレートは中でやっと一回転できるくらいのほうが、安心感があると
いいます。



かなり迷ったのですが、急遽、航空機に乗せるクレートを、いつも
車に乗せている小さいサイズのものに変更することにしました。

給水器も移し替えました。


ただ、このクレートは航空機に積めるかどうか分からなかったので、
早めに荷物カウンターへ行くことにしました。このクレートのメーカーの
HPには、「飛行機にご搭乗される場合は、各航空会社にお問合せ下さい」
と書いてあったので…。もしダメだった場合、もう1つのクレートに
ポチを移し替えようと思いました。

カートにクレートとスーツケースを載せて、荷物カウンターへ向かいました。
やはりカートがあると楽ですね。



ペットを預けるカウンターは限られているので、あらかじめANAのHPで
調べておき、福岡便の搭乗口に近い44番カウンターへ向かいました。

そこでペットの輸送費5,000円とあらかじめ記入しておいた同意書を
渡しました。クレートもこれで大丈夫とのことです。


しかし、カウンターの係員から意外なことを言われました。

「ただ今、羽田空港では、ペットを荷物カウンターに預けるのでは
なく、お客様が直接搭乗口まで運んでいただける方法も選択できます」
と言われたのです。


一瞬「えっ?」と思いましたが、すぐにあのチワワの事件のことが
頭をよぎりました。

チワワが死亡した原因の1つが、貨物カウンターから航空機へペットを
輸送する際、炎天下の外部に長時間置かれたことではないかと言われて
います。

自分で搭乗口まで運べば、そのような心配はありません。


僕はちょっと迷いましたが、少しでもリスクが低いほうがいいと思い、
クレートを直接搭乗口まで運ぶ方法を選択しました。


ポチが入ったクレートは紐で縛られ、ネットも巻かれました。そして、
「検査済み」のラベルも貼られました。

なので、保安検査場もX線を通すことなく、通過できました。


30分前には搭乗口まで持っていってほしいというので、クレートを
搭乗口まで運んでいきました。そして、係員の方に渡しました。
すると、すぐにクレートを航空機の中のほうへ運んでくれました。



ポチとは福岡空港まで、しばしの別れです。

福岡で会うまで元気でいてほしいと強く願って、僕も20分後に航空機に
搭乗しました。

→次回へ続く


2013082801
ポチを小さなクレートのほうへ入れ、カートで荷物カウンターまで運びました

2013082802
ペットの受付がある44番カウンターへ向かいました

2013082803_2
ネットをクレートにかける係員。この大きなクレートは荷物カウンターに預けられるようです

2013082804
紐とネットをかけられたポチのクレート

2013082805
保安検査場では、X線の横を通過しました。本当はここでは撮影してはいけないそうです
あとで係員に注意されました

|

« 大分・湯布院への旅行 その1 駐車場編 | トップページ | 大分・湯布院への旅行 その3 レンタカー編 »

05-おでかけ」カテゴリの記事

コメント

いよいよ、旅行編始まりましたね!
ポチくんとの初めての飛行機、緊張されたでしょう。でもさすがひげぼうずさん、事前リサーチはバッチリですね。我が家は、新宿付近の事故渋滞にハマり、間に合うのかヒヤヒヤした経験が何度もあります(^^;;
駐車場周りに草むらがあることや、手荷物カートがあること、お知らせしておけばよかったですね。我が家のぽんちゃんも、空港に着いたらまず草むら散歩です。 ワンちゃんがいると、駐車場からターミナルへの移動も一苦労ですよね。
それにしても、ペットを自分で搭乗口まで運ぶというのは、初めて聞きました。搭乗口まで一緒にいられたら安心ですね。
我が家も来月JALを利用予定なので、同じようにしてみたいと思います。
ひげぼうずさんとポチくん、九州ではたくさん遊んだのでしょうか♪
続きを楽しみにしています(^O^)

投稿: イッコーの嫁 | 2013年8月29日 (木) 00時05分

ちょっとお久しぶりです。
記事はいつも楽しみに拝見していますが、ここの所出張仕事などで忙しく、まとめ読みになってしまってコメントを書くタイミングを逸しております。
飛行機を使っての湯布院への旅、やってみなければよくわからないような事ばかりですね〜
同じ機内にいるとはいえ、ポチ君の事が心配でしたでしょう。
到着後の再会へと続く次回の記事、楽しみにお待ちしています。

投稿: ろみきち | 2013年8月29日 (木) 02時19分

イッコーの嫁さん、おはようございます。

ぽんちゃんも来月、飛行機を使って旅行するのですね。楽しみですね。

今回のように搭乗口まで連れていけるというのは、JALでも行って
いるかどうかは分かりませんが、ANAのホームページでもそのことは
載っていませんでした。

おそらく、チワワの事件があったので、ANAが急遽とって対応だと
思います。帰りの福岡空港では、この方法はありませんでした。

駐車場の草むら、本当に助かりました。

投稿: ひげぼうず | 2013年8月29日 (木) 11時02分

ろみきちさん、おはようございます。

お仕事、お疲れさまです。暑い中の出張は本当に大変ですよね。
僕のほうの出張はひと段落しました。

今回は飛行機に乗るということでだけでなく、それ以外にも初めての
ことばかりでした。この経験は次回、生かしていきたいと思います。

投稿: ひげぼうず | 2013年8月29日 (木) 11時06分

こんばんは。

さすがひげぼうずさん!前回の記事でも思いましたが、下調べがバッチリですね。
ご自身にとっては勿論、ポチくんにとっても安心でしたでしょう。

それにしても初めてのことばかりで、ブログを拝見していて此方も参考になります。

湯布院本編も楽しみにしています♪

投稿: みさ | 2013年8月29日 (木) 20時44分

ミサさん、こんばんは。

そうですね。今回の旅行は初め体験することだらけだったので、
下調べは十分に行いました。

けど、調べたのと現実は違うこともあり、やはり何事も経験しなくては
いけないですね。

今後、羽田空港を使う方の参考になればうれしいです。

投稿: ひげぼうず | 2013年8月30日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大分・湯布院への旅行 その1 駐車場編 | トップページ | 大分・湯布院への旅行 その3 レンタカー編 »