« 「ヒートテック」は冬の散歩の必需品!? | トップページ | ペットは“同様”から、真の“家族”へ »

2013年2月 2日 (土)

「触られるのを嫌がらない犬」を目指して…

今日の東京はかなり暖かかったです。最高気温は20.9度を記録し、
4月下旬の陽気だったといいます。


今日はしつけ教室に参加しました。先月は雪の影響などで中止になった
ので、2カ月ぶりの開催になります。

陽気がよかったこともあり、今日は多くのワンちゃんが参加しました。
犬種や大きさもさまざまで、初めて参加したのも4頭いました。

そのうち、生後4カ月の子犬も2頭いました。これまではポチは一番
若かったのですが、弟分、妹分ができたのです。

けど、その2頭ともすごくおとなしいのです。ポチはしつけ教室の
あいだ、常にそわそわして静かにしていないのですが、彼らはオスワリ
してじっとしています。ポチのほうが弟みたいです。


今日は以下のメニューの復習をしました。

・アイコンタクト
・マグネット遊び
・リードのショックの与え方
・ボディコントロール

今日は「ボディコントロール」がとても新鮮に思えました。どこを
触っても嫌がらないようにしつける。しばらく忘れていたことです。

触られることに抵抗がなくなると、具合が悪いところも見つけやすく
なり、爪切りや耳掃除、歯磨きなどで苦労することもなくなるとの
ことです。


ポチはどこを触っても嫌がります。足(前後とも)、尻尾、お腹、
そして頭。柴犬はそういうものだと思って、とくに何もしていません
でした。

けど、おやつを使うことによって、それもしつけることができると
再び教えていただきました。


さっそく、家に帰ってポチの足を触ったのですが、すぐに手を噛まれ
ました。お腹も同様です。

気長にやっていこうと思います。


2013020201
今日は20頭近くの犬が集まりました

2013020202
横一線に並んで、リードコントロールの練習です

2013020203
4カ月の白柴の女の子。すごく可愛かったです

2013020204
黒柴の女の子も参加しました。今日は柴が計4頭いました

2013020205
久々にいろいろな犬と出会えて、ポチもかなりうれしかったようです

2013020206
笑顔も見せたポチ。とても生き生きとしていました

|

« 「ヒートテック」は冬の散歩の必需品!? | トップページ | ペットは“同様”から、真の“家族”へ »

02-しつけ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ポチくんもトレーニングだったのですねhappy01
ポチくんは触られるのが苦手で、ワンつき合いが上手。
七はどこを触られても平気で、ワンつき合いが下手。
まったく逆の悩みですね~sweat01
私も、あまり焦らず気長にやっていこうとは思うのですが、
「早く直したいなぁ」と気がせいてしまいます。
人間のわがままですね・・・

投稿: 七ママ | 2013年2月 3日 (日) 01時12分

ポチ君楽しそうに笑ってますね♪わんこの楽しそうな顔を見ると仕事の疲れもなくなりますね(^O^)海は体を触っても平気ですが、相変わらず歯磨きがダメで歯ブラシをやろうとすると脅かして唸ります(笑)最近脅しだけで済んでます(顎以来)私はすぐクシャクシャに触りまくるので気分がいい時以外は寄ってきません(;_;)

投稿: ゆうこ | 2013年2月 3日 (日) 18時02分

七ママさん、こんばんは。

そうですね。まったく逆ですね。

たまには、自分から僕の膝の上にでも乗ってくれるとかなり
うれしいのですが。

ポチは柴の男の子なので、触れるのは苦手というのはあらかじめ
分かっていたのですが、やはり何とかしたいものです。

けど、少しずつ、そして気長にやっていきたいと思います。

投稿: ひげぼうず | 2013年2月 3日 (日) 18時47分

ゆうこさん、こんばんは。

海ちゃんは体を触っても大丈夫なのですね。うらやましいです。

ポチは唸ったり吠えたりすることはあまりないのですが、とにかく
体を触るとすぐに甘噛みをします。

本気噛みでないのでいいのですが、それもいずれは本気噛みになって
くるという心配もあります。少しずつ慣れさせたいと思います。

投稿: ひげぼうず | 2013年2月 3日 (日) 18時52分

こんばんは。
2回目のコメントになります。
ポチ君同様に豆柴1歳の我が娘も体(特に頭と顎)に触ろうとすると『本気噛み』
で私も嫁も月に1、2度は流血です。
育て方に一杯間違いあったかなあ・・とか
触ろうとしなきゃいいのかなあ・・など
思いながら、今日はドックトレーナーに
自宅にきてもらいました。
また『これは!』と思えるノウハウなど
ありましたらコメントさせていただきます。

p.s
『和犬、特に柴は・・・、のっけから
いわれました。( ; ; )』

投稿: 雛父 | 2013年2月 3日 (日) 19時30分

はじめまして。
2歳♀黒柴飼いのあとみ母と申します。

ひげぼうずさんのブログは「読み物」としても楽しめる
素敵なブログですね。
そしてポチ君に対する愛情がいつも溢れていて思わずコメントを残していきたくなりました(^^)

我が家の場合仔犬の頃からフタをした浴槽の上でお世話をするように
していたのが功を奏しているところがあります。
台の上など少し高いところに載せてブラッシングや
足ふき、歯磨きなどをすると
病院に行ったときなども抵抗が少ないかと思います。

とはいえ、耳洗浄とハウスの中にいる時に触るのは
時々ガウるのでなかなか難しいですね(^^;;

ご参考になれれば幸いです。
また遊びに来ますね(^^)

投稿: あとみ母 | 2013年2月 3日 (日) 21時23分

ポチ君の笑顔写真たまらないですねlovely

コチラが自然と笑顔になります。

気長にボディタッチ頑張って下さいね~happy01
ビックリするくらい平気になりますから、沢山愛情注いでいますしね。
きっと伝わると思います。

投稿: Narei | 2013年2月 3日 (日) 22時41分

雛父さん、こんばんは。

雛父さんのワンちゃんもそうなのですね。けど、本気噛みとは大変
ですね。

いいノウハウがあったら、ぜひ教えてください。

柴は体に触れられるのを嫌がる。柴犬の飼育本には必ず書いてあります。
やはりそんなイメージがあるのですね。

投稿: ひげぼうず | 2013年2月 3日 (日) 23時22分

あとみ母さん、はじめまして。

ありがとうございます。たまに自分の思っていることも書いている
だけの、稚拙なブログですが…。

そうですね。一度、ダイニングテーブルの上にのせて爪切りをしよう
と思ったのですが、すぐに飛び降りてしまいました。赤ちゃんのころ
ならよかったと思うのですが、今は怖いものしらずのようです。

もっと高いところがあればいいのですが…。

今後もよろしくお願いいたします。

投稿: ひげぼうず | 2013年2月 3日 (日) 23時23分

Nareiさん、こんばんは。

愛犬の笑顔を見るのは、本当にうれしいものですね。

今日も足を触ろうとしたら、そのあとずっと機嫌が悪く、何度も手に
噛みついてきました。

気長にがんばってみます。

投稿: ひげぼうず | 2013年2月 3日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587450/56683474

この記事へのトラックバック一覧です: 「触られるのを嫌がらない犬」を目指して…:

« 「ヒートテック」は冬の散歩の必需品!? | トップページ | ペットは“同様”から、真の“家族”へ »