10-ごあいさつ・雑記

2017年11月29日 (水)

一人暮らしの人は、犬を飼うと死亡リスクが低くなる!?

今日の東京は気温が19.2度まで上がり、10月下旬並みの陽気になったそうてす。


でも、明日の最高気温の予想は12度。

寒暖の差が激しいですね。


寒気が入り全国的に寒くなるようですから、皆さまも体調にはくれぐれもご注意ください。




さて、ペット絡みで注目すべき記事を見つけました。


■犬を飼うと死亡リスク低下、1人暮らしで顕著 スウェーデン研究
https://www.cnn.co.jp/fringe/35110623.html?tag=top;subStory

これはスウェーデンの国家データベースや双子登録プロジェクトからサンプルとして抽出された40〜80歳のスウェーデン人340万人以上を対象に、12年間にわたり調査を行った数字から研究されたものだとか。




一人暮らしの人の場合、犬を飼うとペットを飼っていない人に比べて死亡リスクが33%、心血管疾患に関連する死亡のリスクが36%低減する可能性があるとのことです。


複数人の家族がいる世帯でも犬の飼い主には恩恵があったそうですが、その度合いは一人暮らしの場合と比べると少ないとか。



一人暮らし飼い主の場合、ペットと散歩したり触れ合ったりする唯一の人物となります。

犬を飼っている人は、天候がどうであれ犬の散歩に出かけるなど、一般的に肉体的な活動のレベルが高いといいます。




今回の研究は、そうしたことが、心血管疾患や死から身を守る確率の増大につながっている可能性があるとしています。


一人暮らしの僕にとっては、なんともうれしい研究結果です。




さらに僕は、このような身体的なものだけでなく、精神的にも犬を飼っていたほうが安定し、長生きできるように思います。



もちろん、犬を飼うと経済的な負担は増え、時間も飼育のために取られます。

さらに、犬を飼うという責任も負うことになります。


しかし、それらを考えても、犬を飼うことの利点はとても大きいと思います。




一人暮らしの方、特に40代、50代の方はぜひ犬を飼ってほしいものです。


この記事を読んで、改めてそう思いました。


2017112900
今朝の散歩の時間帯は、気温が3.5度ほどでしたが、川霧が発生していました

2017112901
愛犬と毎日散歩すると、死亡リスクが低くなるようです



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

ネット時代だからこそ、犬を飼ってほしいです

国土交通省の調査で、1日1回は家から出かける人の割合を調べたところ、20代の男性は全年齢の平均を下回り、30年前の1987年に比べ半減していることがわかったといいます。


また、1日に移動する回数も70代を下回り、休日に一度も移動しない若者もいるとのことです。



ネットの普及が進み、休日の過ごし方が変わったほか、買い物は外の店ではなく、ネットショッピングと宅配便を利用する人が増えていることも背景にあるとみられているといいます。




1987年といえば、まさに僕が20代のころです。


確かにインターネットはまだ一般的には普及しておらず、買い物はデパートやスーパーで行っていました。

通販もほとんど利用していませんでした。




便利な時代になったからといって、20代の若さでまったく外出しないのはもったいない気がします。


街には楽しいことがあふれているのにと思ってしまうのは、中高年の考え方でしょうか。



と言っている僕も、ポチがいなかったら、休日はあまり外に出ていなかったかもしれません。


家でNetflixやHuluを見ていると、あっという間に一日が過ぎてしまいますから。



ポチがいるおかげで、最低でも1日2回は散歩のために家の外に出ています。

また、休日もできる限りポチとどこかへ行くようにしています。


そして、少しでも歩くことが、健康のためにもなっていると思います。




生き物と触れ合う、散歩で人とじかにコミュニケーションを取る、そしてたくさん歩く。


ネット時代だからこそ、犬を飼うことに意義があるように思います。




20代は時間的、経済的に少し無理かもしれませんが、余裕ができてきたらぜひ犬を飼ってほしいですね。


特に家にこもりがちな男性に。


2017112701
土曜日の朝、今季2回目の川霧が発生していました。
こんな景色を見ることができるのも、犬を飼っていればこそです

2017112702
今夜のポチ。ぬいぐるみで遊んでほしいと、僕にせがみました。
犬と暮らしていると、ストレスもたまりません



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

「ポチ」という名前の由来は

今日はポチと友人と一緒にちょっとだけ遠出をしました。

少し長いドライブになりましたが、腰の具合は今のところ大丈夫なようです。


今日の様子は、後日詳しくご報告したいと思います。




さて、うちの愛犬は、ご存じのように「ポチ」という名前です。


昔はよくある犬の名前でしたが、最近はほとんど聞かれなくなりました。



確かに僕の子どものころは、犬はポチ、猫はタマというのが多かったように思います。

実際にうちの家で初めて飼った犬もポチでした。



その犬の印象が強くて、自分で初めて飼った犬にもポチという名前を付けました。

それが今のポチの名前の由来になっています。




けど、どうして昔はポチという名前が多かったのでしょうか?


そのことを検証するテレビ番組がありました。

「人名研究バラエティー  日本人のおなまえっ! 【日本人のペットのおなまえ】」いうNHKの番組です。


この番組のことは、ブログへいただいたコメントで知りました。

8月に録画しておいたのですが、すっかり忘れていて、やっと昨日見ました。




この番組の説によると、ポチという名前の由来の説は3つあるそうです。


1つめは、明治時代初頭のころ、フランス人が自分の犬のことを、フランス語で小さくて可愛いを意味する「プチ」と言っていたことに由来するとか。

それを日本人が「ポチ」という犬の名前だと勘違いしていたという説です。


2つめは、イギリス人が犬のまだら模様を「スポッティ」と言っていたのを、やはり日本人が「ポチ」という名前の犬だと思っていたという説です。


そして、3つめは犬のぶち柄のことを、英語で「パッチ」と呼ぶのを聞いて、ぶち犬のことを「ポチ」と呼んだ説です。



いずれも日本人の外国語と日本語のやりとりの中での「勘違い」から生まれた名前とのことです。




そして、ポチが日本での犬の名前の定番になったのかは…。


明治19年に発行された尋常小学校の教科書に「ポチハ、スナホナ イヌ ナリ」と載ったことにより、急速に広まったとのことです。

そして、非常に利口な犬の名前として、付ける人が増えていったそうです。



また、尋常小学校の唱歌に「ポチとタマ」という歌が登場し、そして唱歌「花咲爺」にも「裏の畑でポチが鳴く…」でも歌われるようになり、さらに多くの人に名前が広がったそうてす。




ちなみに、明治43年の犬の名前ランキングは、1位がポチで、2位がジョン、3位がマルだったとか。


確かに僕の子どもころは、ジョンという名前の犬も多かったように思います。

何か懐かしいですね。




いずれもしても、「一世を風靡した」ポチという名前も、今ではほとんど聞かれなくなりました。


これまで実際にポチという名前に会ったのは、しつけ教室に来ていた柴犬だけでした(たぶん)。



周りがポチという名前の犬だらけになるのも何か変な気分になりますが、まったくいないというのもちょっとさみしいものです。


せめて柴犬だけでも、ポチという名前が増えてほしいものです。


2017112501
今日のポチ。朝の散歩を終え、まったりとしているところです

2017112502
利口な顔をしているようには見えませんが…。
でも、僕はポチという名前が好きです


柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

ぜひ「8週間の規制」を実現してほしいです

明日は友人と一緒にポチと遊ぶ予定です。


腰の具合も良くなってきましたが、まだまだ油断は禁物なので、明日はコルセットを着けていきたいと思います。



しかし、この時間になってもどこへ行くか決まっていません。


友人はポチと一緒に行ければ、どこでもいいようなのですが…。




さて、先日、朝日新聞に興味深い記事が掲載されていました。


■子犬・子猫の8週間の規制、国が検討 社会化などに問題
https://sippolife.jp/article/2017112000006.html


現在の法律(動物愛護法)では、「出生後49日を経過しない犬猫は、販売のため又は販売の用に供するために引き渡し又は展示をしてはならない」ことになっています。

つまり、49日(7週)を経過すれば販売していいということです。


しかし、欧米では8週というのが一般的になっているといいます。

また、7週目以前に親元から離すと、問題行動が起きやすいという研究報告もあるようです。



動物心理学の研究で有名な武内ゆかり東大大学院教授も「ゆとりを持たせて8週齢の方が安全だと思われる」と言っているそうです。




一方、ぺットショップでは、より若い犬や猫のほうが売れると聞きます。

ですから、なるべく早い時期から売りたいと考えているようで、49日を過ぎてからすぐに販売されるケースが多いようです。




ポチは熊本県のブリーダーから、生まれてから8週と1日で家にやってきました。

このブリーダーも50日を過ぎれば引き渡し可能とのことでした。


僕のスケジュールの都合で8週目以降の受け取りになったのですが、いま考えるとそれが良かったのではないかと思います。



生まれたばかりの子犬は、母親や兄弟から社会化を学ぶといいます。

この時期の1週間の違いは、社会化のためには大きな差があると思います。




初めて一人で犬を買う僕にとっては、当初はトイレや甘噛みのことで本当に悩みました。


しかし、散歩を始めると、ポチが犬好き、人好きなことに少しびっくりしました。

と同時に、とても安心しました。


また、いたずらをしたり、落ち着きがなかったりするものの、家の中で吠え続けることや噛むこともありませんでした。

留守番による分離不安の兆候もありませんでした。



いまから思えば、いわゆる問題行動は全然なかったのです。



親元に少し長く居たことが、問題行動を起こさない性格の犬になったのだと、今でも信じています。


正直言って、僕は飼い主初心者なので、僕の世話やしつけだけで、ポチが心身共に健全で育つのは難しいことだと思います。


もちろん、もともとそのような性格ということもあるかもしれませんが…。




「8週の規制」を国が検討していることは大賛成です。

ペット業界などの反対があるかもしれませんが、ぜひ実現してほしいと思います。



2017112401
家にやってきた生後8週ころのポチ。
本当にやんちゃで、まさに怪獣のようでした

2017112402
今日のポチ。体は大きくなりましたが、犬好き、人好きは変わっていません。
8週間の親元での社会化のおかげだと思っています



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

犬は遊んでくれる人が好きですね

3連休初日は、朝からとてもいい天気になりました。


なので、朝の散歩も普段より長めに行いました。

気がつくと、出発してから1時間半以上経っていました。


しかし、こんなに天気のよい休日は久しぶりのような気がします。

明日もぜひ晴れてほしいですね。




さて、先日、犬用プールに行ったことはブログでもご報告しましたが、その時は友人も一緒でした。



この友人とは何度か泊まりがけの旅行に行ったことがあるので、ポチもとても懐いています。

友人も大が犬好きなので、ポチといっぱい遊んでくれます。




この日も久しぶりに会う友人に、ポチはずっと興奮ぎみでした。


本当はもっと頻繁に会えるといいのですが、友人は少し遠い所に住んでいて、しかも夏から秋にかけて仕事がかなり忙しかったようです。

ここになって仕事も落ち着いてきたので、ポチとも遊べる時間ができたようです。



明日も日帰りで、ポチが喜びそうな場所に一緒に出かける予定です。




しかし、ポチがこのように喜ぶ姿を見ていると、ちょっと複雑な心境にもなります。


やはり、ポチはいろいろな人と触れ合いたいんだと。

そして、僕との二人暮らしは、ポチにとっては単調に思えるのではないかと。




そんなことを考えても仕方ないですが、休日はドッグランに連れていくなどして、なるべく犬や人に触れ合う機会を多く持ちたいですね。


明日もとても楽しみです。


2017110301
プールに入る前に、友人に首を撫でてもらうポチ

2017110302
「あっ、そこが気持ちいい」という表情です

2017110303
この日は笑顔もいっぱい出ました

2017110304
濡れた体を乾かすために、友人はドライヤーをあててくれました

2017110305
ポチはとても気持ち良さそうでした



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

今日は「犬の日」。ちょっとだけ考えさせられました

新しい犬型ロボット「aibo」が、本日の11:01PMから先行予約販売が開始されるようです。


サイトで見る限り、かなり進歩したロボット犬になっています。

表情もとても可愛いです。



僕にはポチがいるので必要ないのですが、ポチの相手にどうかなあ、と一瞬考えてしまいました。


でも、金額を見てすぐに諦めましたが…。




さて、本日11/1は「ワン・ワン・ワン」で「犬の日」だそうです。


aiboの先行予約はこの日に合わせたのでしょうね。



昨日のハロウィーンはいろいろな場所で盛り上がったようですが、今日はどうでしょうか?


以前はネールをしたり、温泉に入る犬、そして「犬の結婚式」などもテレビで紹介されたいましたが、今年は大きく報じられていなかったように思います。




ただ、Yahoo!のトップ画面に小さな文字で「きょうは犬の日 かけがえのない小さな命を守ろう」と表示されていました。


そこをクリックすると、『動物も人も幸せな社会に「11.1 犬の日特集」』が表示されました。

https://docs-donation.yahoo.co.jp/report/2017dogcat/



この特集には、お馴染みの柴犬まるちゃんの飼い主のインタビューが掲載されていました。



その中で「愛犬と楽しく暮らすヒントは?」という質問に、「お互い気を使わない距離感を保つこと」と答えらていたのが印象的でした。


ポチがパピーのころはそのような余裕はありませんでしたが、5歳となった今はそれがよく分かります。


また「愛犬が教えてくれたことは?」という質問には、「心が豊かになった」と答えられていましたが、これも常日ごろ実感していることです。




この特集ではネット募金の告知を行っています。


そして、動物・ペット支援団体に簡単に寄付できるようになっています。

クレジットカードは100円から、Tポイントは1ポイントから寄付が可能です。



支援団体の活動には本当に頭が下がります。


そんな活動に少しでも役に立てればと思い、今日はこの中のある団体にたまっていたTポイントを寄付しました。




イベントだけが「犬の日」ではないと思います。

このように、犬のこと、ペットのことをきちんと考え、愛犬への愛情をより深める日だと思います。



そういう意味では、ポチを迎えて6回目の「犬の日」で、初めてそれを行うことができたように思います。


2017110101
今夜のポチ。今はペットと一緒にいることの幸せを感じています

2017110102
将来はこんな表情もできる犬型ロボットが登場するかもしれませんね



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

「ヘルスケア」で散歩の距離をチェック

今日はプロ野球ドラフト会議が行われました。


最近は便利なことに、ネットでも会議の様子を見ることができます。

僕も仕事をしながら会議の様子をチェックしていました。


清宮はさすがの指名数でしたね。指名権を獲得した日本ハムで、大きくその才能を開花してほしいものです。


僕のひいきのチームは…。

1巡目はちょっと残念な結果になってしまいました。




さて、iPhoneをお使いの方なら「ヘルスケア」というアプリをご存知かと思います。


デフォルトで入っているアプリなのですが、今回、iPhone 8にして、初めてこのアプリの存在に気づきました。

http://appllio.com/how-to-use-iphone-healthcare

このアプリにはいろいろな機能があるのですが、便利に使っているのが、歩いた距離を計測できる機能です。



iPhoneにはもともと万歩計の機能が備わっていて、知らないうちに歩数と距離を計測してくれるのです。

ですから、ヘルスケアのアプリを常時立ち上げていなくても、毎日測ってくれます。




ポチと散歩に出始めのころは、GPSを使ったペット用の「散歩アプリ」を使用していました。


このアプリで、毎日どこを歩いたとか、何キロ歩いたかとかをチェックするのが、散歩の楽しみのひとつになっていました。

しかしこのアプリは提供中止になってしまい、その後同様のアプリを使ってみたのですが、どれも使い勝手が悪く、最近はまったく使用していませんでした。




「ヘルスケア」はアプリの存在を感じることなく、歩いた距離を測ってくれます。



僕は歩いた場所よりも、どれくらい歩いたかをチェックしたいので、うってつけのアプリてす。

まさにアプリの名前のように、健康のためのデータが一目瞭然で分かり、僕にはこれだけのデータで充分です。




散歩した距離だけてはなく、通勤や仕事で歩いた距離も計測されるので、1日で歩いた距離が分かります。

日曜日などでずっと家に居るときは、散歩した距離が、そのまま1日の距離になります。




歩数も同時に表示されます。


健康のためには、1日1万歩といわれています。

でも、これまでのデータを見ると、1万歩を超える日は週に2、3日程度です。


それは仕事で外に出かけた日に限ります。

犬の散歩だけでは、なかなか1万歩にはいきません。




普段からなるべく多く歩くことを心がけるとともに、休日の散歩はなるべく時間をかけて歩くようにしたいですね。


iPhoneをお使いの方は、ぜひこの「ヘルスケア」をチェックしてみてください。


2017102601
昨日歩いた距離は7.kmで、歩数は1万歩を超えました

2017102602
1万歩を超えたのは、昼間仕事で多く歩いたからだと思います


2017102603
10/7の土曜日は、朝夕の散歩以外は家から出ませんでした

2017102604
ですから、こんなデータになります

2017102605
今朝の散歩のときのポチ。決して寝ている訳ではありません



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

子犬のような目で飼い主を操作?

今日の夜は、いつも使っている鉄道が自動車との事故で止まってしまい、連絡している地下鉄線も不通になってしまいました。

ですから、ほかの鉄道とバスを乗り継いで家に帰ってきました。


ふだんは1時間ちょっとで家に着くところが、2時間半ほどかかってしまいました。


家に帰ったのは22時過ぎでした。

事故とはいえ、ポチには悪いことをしてしまいました。


混雑した車内でずっと立ちっぱなしだったので、今日は本当に疲れました。

でも、ポチと夜の散歩へ行ったら、そんな疲れも忘れてしまいました。


ペットの癒やし効果というのは抜群ですね。




さて、ネットで興味深い記事を見つけました。



■「子犬のような目」で飼い主を操作? 研究
https://www.jiji.com/jc/article?k=20171020036325a&g=afp

飼い犬は人の心の琴線に触れるために故意に「子犬のような目」をして、飼い主を巧みに操っている可能性があるというのです。



オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された論文によると、犬は意思疎通の手段として使うために顔の表情をコントロールしている可能性があるといいます。



今回の最新研究では、犬はしかめ面や歯をむき出しにした笑顔などによって飼い主から引き出される反応を、十分理解しているそうです。



論文の共同執筆者は「顔の表情は意思疎通を図ろうとする積極的な試みである可能性があることの証拠を、今回の研究結果は裏づけている」と話しています。


そして、さまざなま種類の飼い犬を用いた一連の実験では、犬が人から注意を向けられている時に、より頻繁に「顔を動かす」ことを研究チームは発見したそうです。




また、「子犬のような目」をするために眉毛を上げて目をより大きく見せるのが、最もよく使われる表情であることも研究チームは明らかにしています。


さらに、人が犬に背を向けていたり他に気を取られていたりすると、犬の顔の動きがはるかに少なくなったということです。

つまり、犬は人が注意を向けている時に、より頻繁に顔の表情を作るのだそうです。




ポチもそのような傾向があります。


いつもはあまり表情を変えないのに、僕と遊んでほしいときは、とびっきりの笑顔になります。

また、めったにあげないオヤツを見せたときも、やはり表情がかなり変わります。


そして、その目は子犬のようにとても愛らしく見えます。




そんな表情を見せられたら、無条件で応じてしまいます。

まさに、飼い主が操られている感じです。


人間との長い付き合いの中で、どうしたら人に気に入られるかを自然と学んできたのでしょうね。



しかし、これも犬によって違いはあるようで、表情を全然変えない犬や、人の目を見ない犬もいるようです。


あと、愛犬へのふだんの接し方によっても、違いがあるように思います。



皆さんの愛犬はどのような表情をしますか?


2017102501
僕と遊びたいときは、こんな表情になります。目も輝いています

2017102502
散歩でも、僕に構ってほしいときはこのような笑顔になります



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

「本気でほめる」ことが大切なようです

台風が近づいていますね。


その影響もあり、今日も一日中雨が降りました。



そんな雨の中、ポチ、友人と一緒に少し遊んできました。


その様子は後日、詳しくご報告しようと思います。




さて、このブログでは最新の犬の行動学について、何度か記事にしてきました。


そんな記事を書いていると、昔は当たり前だと思われていたしつけ方法や犬への接し方も、今ではずいぶんと変わってきたと感じています。




そして、最近は犬の脳についても研究が進んでいるようです。


犬の脳をMRIでスキャンする研究もあるようで、以下のような報告がネットに掲載されていました。


■犬は飼い主の言葉を理解している、脳研究で判明http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/083100325/?ST=m_news

なかなか興味深い研究ですよね。



確かに、犬は人間の言葉をどれだけ理解しているかというのはとても気になります。




そのこともすごく知りたいですが、僕はこの記事で興味を持ったのが、「本気で褒めることが大切」の部分です。


特に記事の「イヌの脳にある報酬領域が活発化するには、「褒め言葉を賞賛の口調で」聞く必要があった。言い換えると、飼い主が本当に褒めているのかどうか、イヌは分かっているということ」



この箇所は、「なるほど」と思いました。


ポチがパピーのころ、パーソナルトレーナーやしつけ教室の先生から、「ほめるしつけ」を教わりました。

以降、この方法をずっと実践しているつもりです。



しかし、それはオヤツをあげたり、「いい子、いい子」と言葉で発する程度で、機械的な感じがしていたように思います。


本気でほめることは少なかったように感じます。


確かに、僕が本心から大げさにほめたときは、ポチの反応も違います。




ポチは実験に登場する犬とは違い、全然賢くはないですが、それでも僕の態度などをきちんと理解しているように思います。


今後は機械的にほめるのではなく、「本気でほめる」ように心がけないといけないですね。



2017102101
本気でほめると、ポチはこのような笑顔になるときがあります
(この写真は別のときですが)



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

ずっと勘違いしていました

またまた今日も雨の一日になりました。


本当によく雨が降りますね。



しかも、今日の東京は昼間でも気温が13度くらいでした。

本当に寒い日になりました。


10月中旬に都心で最高気温が15度を下回ったのは46年ぶりとのことです。



秋はどこへ行ってしまったのでしょうか?




さて、皆さんの愛犬も同じだと思いますが、オシッコをした後に、後ろ足で地面を蹴る仕草をしますよね。



僕が子どもだったころ、祖母から「犬や猫は自分の臭いを消すために土や砂をかけるんだよ」と教わった記憶があります。

以来、ずっとそのことを信じていました。



ポチもよくこの仕草をするので、「やはり犬なんだな」と思っていました。



けど、土や砂をかける場所は、オシッコをした場所から少し離れているので、ちょっと不思議には思っていました。


それでも「きっと、本能的なものの名残なんだ」だと考えていました。




しかし、昨日、ネットで調べてみると、衝撃的な記述が。



「犬の場合はマーキングの行為」


つまり、臭い消しではなく、まったく逆だったのです。



犬は肉球の間から分泌される臭いを地面に擦りつけ、排泄物と一緒に自分の臭いを拡散しているとのこと。



ずっと勘違いしていました。




ポチを飼い始めて5年以上経ちますが、まだまだ犬に関しては知らないことが多いと、改めて感じました。



ちなみにポチは、芝生の上でや草のある場所ですることが多く、コンクリートの地面ですることはありません。

これも不思議ですね。



2017101601
これは先週の晴れた日の散歩の写真。
晴天が懐かしく思ってしまいます

2017101602
公園の芝生の上で、後ろ足を蹴るポチ

2017101603
こちらも昨日の夕方の写真。雨は一時的に上がっていました。
ポチは濡れた地面にいつものように寝転びました



柴犬ブログのランキングに参加しています。よろしければ
下の画像を「ポチ」っとお願いします。励みになります。


にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧